イマージョン風放課後講習(FLIE プログラム)を実施しませんか?

  • 1
  • 1
  • 1
  • 1
  • 1

これまで弊社は、日本人英語教師の授業において、せっかく習った英語表現を外国人英語教師の英語授業で実践できるような、両者の英語授業がリンクしたような授業スタイルとして「リンクインシステム」を提唱してきました。

リンクインシステムは2つのリンクを意味していました。
 ①日本人英語教師の授業と外国人英語教師の授業のリンク、
 ②「読む」、「聞く」 、「書く」、「話す」、の4技能のリンク

これらのリンクが、入試英語と揶揄される日本人の英語力を、より実用的な英語力へと昇華させる具体的な手法であるものと考えています。今回は、さらに、もう一つのリンクとして、
 ③英語以外の他の科目とのリンク、を盛り込みました。どの英語の科目とはそもそも、言語の学習ですから、何か題材を使って、この学習をしてきました。英語の教科書を見れば、偉人の話しや物語、または友人との会話文や、歌、詩、などなど・・・これらを英語で学んでいるわけです。しかし、こうした題材が、他の科目で習った事であっても、全く問題はないでしょうし、違った目線から見た他科目の内容が、さらなる理解を深める効果もあるのではないでしょうか?ただし、問題は、他科目の学習内容を題材にとりつつ、英語授業で学んだ英語表現をどのように盛り込んでいくかが重要です。弊社はその点、リンクインシステムで培った経験と技術は用いることができるほか、机に座って一方的に生徒が講義を聞き、ときどき会話を発するという授業では、不十分と考えます。そこで、既に弊社が講師派遣している都内の専門学校で採用していただいている方式、少人数制で、オールスタンディング形式とした「スピードプラクティス」方式を採用しています。当該方式は、ビデオでお見せする事で、御理解いただけると存じますので、お問い合わせいただければ、貴校にて、ご覧いただけます。

週一回の割合で放課後に、別紙のような英語講習の業務を弊社でお受けいたします。是非、御検討頂ければ幸いでございます。

You might also be interested in:

お問合せ:

TEL:03 5493 8193
FAX:03 5493 8191
Email:info@alphabendi.com

株式会社 セイガンスピーク
〒140-0013 東京都品川区南大井6丁目24番14号 第5下川ビル2F