英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“America’s Biggest Meat Company Is Investing In Fake Meat”

One of the world’s largest meat processing companies is taking a 5-percent ownership stake in a company that produces plant-based faux meat products.

Tyson Foods announced Monday that it’s investing in Beyond Meat, a privately held company best known for creating the “Beyond Burger,” a vegan burger that “bleeds” beet juice. The amount Tyson is investing has not been disclosed, The New York Times reports.

“This investment by Tyson Foods underscores the growing market for plant protein,” said Beyond Meat founder and CEO Ethan Brown in a Tyson press release. “I’m pleased to welcome Tyson as an investor and look forward to leveraging this support to broaden availability of plant protein choices to consumers.”

The announcement drove up shares in Tyson Foods on Tuesday, according to The Street.

Demand for plant-based meat alternatives is growing worldwide due to a variety of factors, including concerns about animal welfare, desires to eat healthier and increased awareness of industrial animal agriculture’s impacts on the environment and climate. (That said, research suggests that meat consumption is up in the U.S. compared to recent years, largely driven by a surplus of chicken driving poultry prices down.)

Tyson’s not the only food giant hoping to cash in on trends spurred by eco-conscious consumers. In May, processed meat leader Hormel Foods Corporation ― which makes Spam ― purchased Justin’s, an organic, vegetarian nut butter company based in Boulder, Colorado.

And the animal agriculture industry as a whole is feeling growing public pressure to respond to concerns about animal welfare and environmental impact.

As scientists warn that the overuse of antibiotics in farm animals is creating dangerous “superbugs” — and animal rights advocates say farmers give excess antibiotics to curtail the effects of deplorable living conditions — major poultry producers are increasingly offering antibiotic-free chicken.

And an industry group representing 95 percent of egg producers in the U.S. announced in June that it would phase out the gruesome practice of grinding up male chicks alive.

That said, many companies face accusations of “greenwashing” as they attempt to appease an animal-loving populace. For instance, more and more major companies are making the switch to “cage-free” eggs, including major restaurant chains like McDonald’s and Taco Bell. But critics point out that the label is no guarantee that the product is cruelty-free, since “cage-free” hens often still live in overcrowded sheds with no access to the outside.

Copyright © 2016 TheHuffingtonPost.com, Inc.
原文を読む≫


===========================================================

日本語:“野菜で作る肉「フェイクミート」に、アメリカ最大の食肉加工企業が出資”

世界最大の食肉加工企業タイソン・フーズが、植物由来のフェイクミート(肉代替食品)製品を作る会社の持ち株の5%に出資した。

タイソン・フーズは10月10日に、動物製品を一切含まないビートジュースの「血」がにじむハンバーガー「ビヨンド・バーガー」で知られる株式非公開のビヨンド・ミート社に投資する、と発表した。ニューヨーク・タイムズによると、タイソン・フーズの出資額は公表されていない。

ビヨンド・ミート社は、2009年創業の食品ベンチャーで、食肉に代わる植物由来のフェイクミートを供給している。

#国民的ダブルチーズバーガーの日、おめでとう! 今日はアッシャー・ブラウン(菜食主義者の動画ディレクター)が、ボルダーのパールストリートのホールフーズストアでこのダブル・ビヨンド・バーガーを注文した日にさかのぼるには絶好な時です(^^) 私たちのプロフィールにあるリンクをクリックして、このバーガーがあなたの近くの店にあるかどうか見てください! **もっと大きなニュースがもうすぐ来ますよ**

「タイソン・フーズの出資によって、植物タンパク質関連市場が成長していることが証明された」と、ビヨンド・ミート創業者イーサン・ブラウンCEOはプレスリリースで声明を出した。「私は出資企業としてタイソン・フーズを歓迎する。この支援を活用し、消費者がもっと広く植物タンパク質という選択肢を使えるようになると期待している」

経済ニュースサイト「ザ・ストリート」によると、この発表で10月11日のタイソン・フーズの株価は急騰したという。

植物由来の肉代替食品に対する需要は、動物福祉への関心・健康食志向・畜産業が環境や気候に及ぼす影響への懸念拡大など、さまざまな要因で世界的に拡大している。とは言うものの、研究によると、アメリカでの肉消費量はここ数年と比べて高まっている。主に家禽の価格を下落させる鶏肉の過剰供給が原因だという。

エコを意識する消費者が拍車をかけるトレンドを利用して利益を上げようとする食品大手企業は、タイソン・フーズだけではない。5月に、「スパム」で知られる食肉加工最大手のホーメル・フーズは、コロラド州ボルダーを拠点とするベジタリアン向けの有機ナッツ・バターの会社、ジャスティンズを買収した。

畜産業界は総じて、動物福祉と環境への影響の懸念に対処するように、世論が高まっていると感じている。

研究によると、畜産業での抗生物質の過剰使用が、危険な「スーパー・バグ(抗生物質が効かない耐性菌)」を生み出しているという。また、動物愛護団体の主張によると、農場主は劣悪な飼育環境の影響を抑えるために、過剰な抗生物質を与えているという。このため大手の家畜業者は、抗生物質フリーの鶏肉の提供を増やしている。

アメリカの鶏卵生産者の95%を代表する業界団体は6月に、オスの鶏の雛を生きたままミンチにする恐ろしい習慣を徐々に廃止する意向だと発表した。

とは言え、多くの企業が動物愛護の人々に配慮しようすると、「グリーン・ウォッシング(うわべだけの環境配慮)」という批判に直面する。たとえば、マクドナルドやタコベルといった大手チェーンなど、多くの食品大手企業は「ケージ・フリー」(ケージ飼いされていない鶏)の鶏卵に切り替えつつある。しかしその製品は「クルエルティ(残酷さ)・フリー」であるとは保証していない、という批判を招いている。「ケージ・フリー」のニワトリは、今でも過密な小屋の中で、外に出られることもなく飼育されているのだという。

Copyright ©2016 The Huffington Post Japan, Ltd. All Rights Reserved.

原文を読む≫