英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“Mesa Biotech gains emergency FDA approval for rapid, point-of-care COVID-19 test”

The U.S. Food and Drug Administration (FDA) is making use of its Emergency Use Authorization (EUA) powers to expand the pool of available COVID-19 testing resources in the U.S., and now you can add another rapid test that delivers results in just 30 minutes to the list. Mesa’s test is also small enough to be able to be used right at the frontline of care, including in clinics and hospitals, with multiple tests able to be run in parallel.
Mesa’s rapid test follows one from Cepheid that was approved on Monday. Both are PCR-based molecular tests, which identify the presence of virus DNA in a sample of a patient’s mucus. Both these tests prevent an important expansion of the technologies available to those looking to combat the spread of the new coronavirus, since they can provide lab-quality results, but can do so much faster and without requiring transportation of the samples from the point of collection to off-site testing facilities.
On-site testing not only has advantages in terms of convenience and speedy return of results, but also in limiting the potential exposure of medical personnel to the virus itself. Testing on-site means you don’t need to worry about possible exposure to the virus for more people in the chain, including logistics and delivery people, as well as lab technicians and dedicated diagnostics people.
These tests will require that facilities are equipped with Mesa’s Accula testing system, but its equipment is already in use for testing flu, as well as other less serious equipment, and it was originally designed specifically to address use on the frontlines of efforts to combat global pandemics, including SARS before this.

Copyright 2013-2020 Verizon Media.
原文を読む≫


===========================================================

日本語:“わずか30分で結果が出る新型コロナ用の迅速PCR検査方法をFDAが緊急承認”

米国食品医薬品局(FDA)は、緊急使用許可(EUA)の権限を利用して、米国内で利用可能な新型コロナウイルス(COVID-19)の検査資源を拡大している。そして、ついにわずか30分で結果が得られる迅速な検査方法を追加することになる。Mesa Biotechの検査は、診療所や病院を含む医療の最前線で使用できるほど小型で、かつ複数の検査を並行して実行できる。
Mesaの迅速検査は、米国時間3月23日の月曜日に承認されたCepheidに続くものだ。どちらもPCRベースの分子検査で、患者の粘液サンプル中のウイルスDNAの存在を識別する。これらのテストは、実験室レベルの結果が提供でき、より迅速でサンプルを収集し現場から離れた検査施設へと輸送せずに実施できるので、新型コロナウイルスの感染と戦うための重要な技術資源の分散を防ぐことができる。
現場での検査は、利便性と迅速な結果が得られるという点でメリットがあるだけでなく、医療従事者がウイルスにさらされる可能性を制限するという利点もある。現場でテストすることは、物流や配送に関わる人だけでなく、ラボの技術者や専用の診断担当者を含むより多くの人々が、ウイルス感染の可能性を心配しなくていいいことを意味する。
これらの検査には、施設がMesaのAccula検査システムを導入している必要がある。しかしこの装置はインフルエンザの検査だけでなく、それほど深刻ではない他の検査にもすでに使用されており、以前のSARSを含む世界的なパンデミックと戦う最前線での使用に対処するために、特別に設計されたものだった。

Copyright 2020 Verizon Media Japan KK Aol.JP
原文を読む≫