英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“2 Held over maglev train project”

Japan’s dream of running a train at half the speed of sound has been tarnished by a bid-rigging scandal, and prosecutors have made their first arrests.

They say Takashi Ohkawa, a former executive from construction giant Taisei Corporation, colluded with Ichiro Osawa of rival firm Kajima. The prosecutors say the two suspects divided up the maglev project with executives of two other major firms, violating Japan’s anti-monopoly law.

Sources close to the issue say both men are denying the charges. But the executives from the other two companies, Obayashi and Shimizu, have reportedly confessed.

The sources say prosecutors seized documents that provide a breakdown of the orders that each company would win. They also say that prosecutors found a memo that describes the contents of the discussions.

The maglev train set a world record of 603 kilometers per hour on a test-track. The plan is to run it between Tokyo and Osaka. Japan’s government fronted roughly 28 billion dollars’ worth of loans for the project.

Copyright NHK(Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.
原文を読む≫


===========================================================

日本語:“リニア談合事件 大成と鹿島の幹部逮捕”

入札をめぐる談合事件が、音速の半分のスピードで列車を走らせるという日本の夢に影を落としています。検察(東京地検特捜部)は、この事件で初の逮捕に踏み切りました。

東京地検特捜部は、大手建設会社「大成建設」の元幹部の大川孝容疑者と競合会社の「鹿島建設」の大澤一郎容疑者が共謀し、リニアモーターカーの工事受注を別の大手企業2社の幹部と分け合ったとして、日本の独占禁止法違反の疑いで逮捕したことを明らかにしました。

この事件に詳しい関係者によりますと、2人は容疑を否認しているということです。一方、他の2社である「大林組」と「清水建設」の幹部は関与を認めていると伝えられています。関係者によりますと、特捜部は4社の受注予定(の工事)がまとめられた文書に加え、各社の協議の内容を記したメモも押収したということです。

リニアモーターカーは、実験線を使い、時速603キロメートルという世界記録を打ち立てました。この計画は東京・大阪間に(リニア中央新幹線を)開通するというもので、日本政府はすでに、この事業におよそ280億ドル(3兆円)を融資しています。

Copyright NHK(Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.
原文を読む≫