英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“Celebrating Christmas”

‘Twas the night before Christmas, when all through the house / Not a creature was stirring, not even a mouse. (A Visit From St Nicholas, Clement Clarke Moore).

Moore’s famous poem, believed written in 1823, helped shape Western concepts about Christmas. As kids know, a jolly, plump man with a white beard known as “Saint Nicholas” or “Santa Claus” visits every home to deliver toys on Christmas Eve, December 24.

In Germany, Christmas Eve is the time when families exchange presents. But in Australia and other English-speaking countries, December 25 is the main event.

Kids wake up on Christmas Day excited by what presents might lie under the Christmas tree. Some even try and stay awake all night, just to catch a glimpse of Santa.

Christmas Day is a public holiday and an event for families, with the exchange of gifts and plenty of food and drink. Even in Australia, which celebrates Christmas during summer, an English-style roast dinner with turkey, potatoes and pudding is popular.

Australia and Britain also have a holiday on December 26, called Boxing Day. It is said to come from a tradition in Britain of servants receiving boxes of gifts from their employers. In Australia, the Boxing Day Test is the annual cricket match we play with a visiting nation such as England.

For many countries, Christmas is the beginning of the holiday period which continues through to the new year. Many offices in my hometown of Brisbane shut before Christmas Eve, not opening again until the first week of January.

In Japan, sadly, there is no public holiday for Christmas. Unlike in the West, where Christmas is a religious festival, Japan’s Christians are in the minority and the Christmas tradition has been imported.

While Christmas decorations are displayed in shopping centres, the event is basically for shoppers. Couples have dates on Christmas Eve, with the family dinner and presents reserved for the new year.

Thanks to some clever marketing, KFC (in Australia, it stopped calling itself Kentucky Fried Chicken years ago) has become associated with Christmas in Japan. KFC outlets dress their Colonel Sanders statues in red-and-white Santa costumes, selling buckets of Christmas chicken instead of turkey.

Yet, as well as food, gifts and holidays, Christmas is also the season of goodwill. For many, giving to others less fortunate shows the real spirit of Christmas. After all, Santa can’t deliver all those presents without a lot of help.

Copyright © The Japan Times, Ltd. All rights reserved.
原文を読む≫


===========================================================

日本語:“クリスマスを祝う”

クリスマスの前の晩のことだった。家中で生き物は何一つ動いていなかった、ネズミさえも。(『サンタクロースがやってきた』 クレメント・クラーク・ムーア)

1823年に書かれたと考えられているムーアの有名な詩は、西洋のクリスマスについての概念を形成するのに役立った。子どもたちが知っているように、「聖ニコラス」または「サンタクロース」として知られる陽気なぽっしゃりした白ひげの男性がクリスマスイブの12月24日におもちゃを届けに各家々にやってくる。

ドイツでは、クリスマスイブは家族でプレゼントを交換する時間だ。しかし、オーストラリアと他の英語圏では、12月25日がメインイベントの日だ。

子どもたちはクリスマスの日に起きると、どんなプレゼントがクリスマスツリーの下に置いてあるだろうとわくわくする。サンタを一目見るためだけに、一晩中起きていようとする子どももいる。

クリスマスの日は祝日で、たくさんの食べ物と飲み物、贈り物の交換のある家族の行事だ。クリスマスを夏に祝うオーストラリアでさえも、七面鳥、じゃがいも、濃厚なケーキなど、イギリス式のローストした食事が並ぶディナーが一般的だ。

オーストラリアとイギリスは12月26日も祝日で、ボクシングデーと呼ばれている。これは、使用人が雇い主から贈り物の入った箱を受け取るというイギリスの伝統から来ていると言われている。オーストラリアでは、ボクシングデー・テストが、イギリスなどの訪問国とする毎年恒例のクリケットの試合だ。

多くの国々で、クリスマスは休暇の始まりで新年までずっと続く。ブリスベンにある私の故郷では多くの職場がクリスマスイブの前から閉まり、1月の最初の週まで開かない。

日本では、悲しいことに、クリスマスに祝日はない。クリスマスが宗教的な祝祭の西洋とは違って、日本のクリスチャンは少数派で、クリスマスの伝統は輸入されたものだ。

クリスマスの飾りがショッピングセンターで飾られていて、クリスマスは基本的には買い物客のものだ。カップルがクリスマスイブにデートをし、家族で食事をすることとプレゼントは正月までとっておかれる。

賢いマーケティングのおかげで、KFC(オーストラリアで同社は自身をケンタッキー・フライド・チキンと呼ぶことを何年か前にやめている)は日本でクリスマスと結び付くようになった。KFCの店舗ではカーネル・サンダースの像に赤と白のサンタのコスチュームを着せ、バケツのような入れ物に入った七面鳥ではなくクリスマスチキンを売っている。

けれども、食べ物や贈り物、休みだけでなく、クリスマスは善意の季節でもある。多くの人々にとって、自分よりも恵まれていない人々に与えることは、クリスマスの本来の精神を示すものだ。結局、サンタはたくさんの助けなしにはこれらすべてのプレゼントを配ることはできない。

Copyright © The Japan Times, Ltd. All rights reserved.
原文を読む≫