英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“Missing carpet python returns to Nagoya zoo — double its original size”

A carpet python that went missing at a zoo here in January has returned — and is now more than double its original size.

A worker at Higashiyama Zoo and Botanical Gardens in Nagoya’s Chikusa Ward found the python in a backyard space from which it went missing. At the time of its disappearance, the snake was about 50 centimeters long, but it has now grown to 113 centimeters.

“At the time it went missing there was a big commotion,” a veterinarian at the zoo said. “Because of all the trouble to our visitors, it’s hard to say a kind, ‘Welcome back.'” It remains unclear whether or not the snake ventured outside the zoo.

The reptile was found in a plastic case used to grow displayed plants. It was soaking in water 14 centimeters deep. Carpet pythons are said to have a habit of soaking in water when they shed their skin.

According to the zoo, carpet pythons, which live in the forests and grassland of Australia and other areas, grow to about 2 or 3 meters. They are not venomous.

“It probably went into a state of hibernation for a few months after it disappeared, then started moving about sometime around May and ate bugs and lizards in the area,” a zoo representative said.

Copyright THE MAINICHI NEWSPAPERS. All rights reserved.
原文を読む≫


===========================================================

日本語:“家出半年、ニシキヘビ「ただいま」 体長、倍以上に”

名古屋市千種区の東山動植物園から今年1月に逃げ出して生死不明のまま行方がわからなくなっていたカーペットニシキヘビが、逃亡した自然動物館バックヤードの飼育スペースに戻っているのを、26日午後、飼育職員が見つけた。逃亡当時、約50センチだった体長は倍以上の113センチに成長していた

同園の獣医は「逃亡当時は大騒ぎだった。来園者の皆さんにもご迷惑をかけたため、優しく『お帰り』とは言いづらい」と話している。

 ヘビが見つかったのは、飼育スペースで栽培している展示用植物のプラスチックケースの中。深さ14センチの水につかっていた。ニシキヘビは脱皮の際に水につかる習性があるという。

 同園によると、カーペットニシキヘビはオーストラリアなどの森林や草原に生息する毒のないヘビで、成長すると2~3メートルになる。敷地外に出たかどうかは不明。「逃亡してから数カ月は冬眠状態にあり、5月ごろから活動して、敷地周辺の昆虫やヤモリなどを食べていたのでは」と話している。

Copyright THE MAINICHI NEWSPAPERS. All rights reserved.
原文を読む≫