英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“Deep analysis of police body cam footage shows pattern of less respectful speech towards black people”

Police body cameras don’t just record shootouts and other crises — they’re on all day every day, giving a view in unprecedented detail into officers’ interactions with the public. If you can handle that volume of data, that is. Researchers at Stanford created a method to do just that, and soon found that officers in Oakland consistently used less respectful language when speaking with black people.

Now, this wasn’t some big, obvious difference. It took the analysis of half a million words spoken by Oakland police officers in thousands of interactions to surface — but that’s the strength of having this amount of data to draw from. Perhaps otherwise this difference in manner would be written off as imagined.

It’s real, all right: when the person being stopped was white, officers were 57 percent more likely to use respectful phrases like apologies and thank-yous. When the person was black, the officers were 61 percent more likely to tell the person to keep their hands on the wheel, or refer to them as “dude” or “bro.” This pattern persisted even when the team controlled for race and severity of infraction.

“On the whole, police interactions with black community members are more fraught than their interactions with white community members,” said Jennifer Eberhardt, co-author of the study, in a Stanford news release. But she also noted that “our findings are not proof of bias or wrongdoing on the part of individual officers. Many factors could drive racial disparities in respectful speech.”

But just because a difference is subtle doesn’t mean it’s unimportant.

“These were well-behaved officers,” said co-author Dan Jurafsky. “But the many small differences in how they spoke with community members added up to pervasive racial disparities.”

In order to sift through the many, many hours of traffic stops used in the study, the team first had ordinary people rate transcribed conversations for politeness, formality, respect, and other measures. Then, phrases correlated with those qualities were identified, and the thousands of transcribed interactions were searched for those phrases.

© 2013-2017 AOL Inc. All rights reserved.
原文を読む≫


===========================================================

日本語:“警察のボディカメラが明らかにした、黒人に対する無意識の差別行動”

警察のボディカメラは、ただ銃撃戦やその他の危機を記録しているだけではない。それらは毎日終日記録を続けている。このため警察官と人びとのやりとりに関して、前例のない詳細な観察結果が示されることになる。もしその膨大な量のデータを処理できるなら、本当にそれが可能になる。スタンフォード大学の研究者たちは、こうした事を可能とする手法を開発した。そして程なく研究者たちは、オークランドの警察官たちが、黒人たちと話すときには、礼儀正しさが抑えられた言葉を使っている傾向があることを発見した。

とはいえ、これはそれほど大きく目立っていた違いではなかった。オークランドの警察官たちの何千にも及ぶ会話で使われた、50万にも及ぶ単語が分析の対象になったのだが、量が集まる事で引き出すことのできる結果が示されたのだ。もしそうでなければ、この違いというのは、おそらく気のせいだろうと片付けられていたことだろう。

しかしそれは事実なのだ。もし職務質問で呼び止められた人物が白人の場合には、57%以上の警察官が、呼び止めたことに対する謝罪や感謝の意を表明する傾向にある。そして呼び止められた人物が黒人の場合には、61%以上の確率で、相手に対し手をハンドルの上に置き続けるように言ったり、”dude”とか”bro”(どちらもタメ口っぽい2人称)という呼びかけをしているのだ。このパターンは、研究チームが人種と不法行為の重大さを考慮して集計方法を調整しても相変わらず存在していた。

「全体として、黒人コミュニティメンバーとの警察官の対話は、白人コミュニティメンバーとの対話に比べてより困難の大きいものになっています」こうスタンフォードニュースの中で語っているのは、調査の共同著者であるJennifer Eberhardtだ。しかし彼女はまた「私たちの調査結果は、個別の警察官の偏見や良くない行いを証明するものではありません。礼儀正しい話し方に関する人種間格差の要因となるものには、多くのものが考えられます」と指摘している。

しかし違いが微妙であるということだけで、それが重要でないという結論にはならない。

「皆善良な警察官たちでした」ともう1人の共著者Dan Jurafskyは言う、「しかし、コミュニティメンバーとの会話の中で積み上げられた小さな違いが、広範な人種間格差となっていたのです」。

対象となった極めて長時間の職務質問を精査するために、研究チームはまず一般の人びとの会話記録を用いて、礼儀正しさ、フォーマル度、そして敬意などの指標を計測した。そして、それらの質に相関するフレーズが同定され、記録された会話の中からそれらのフレーズが探された。

© 2017 Copyright AOL Online Japan, Ltd. All rights Reserved.

原文を読む≫