英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“UK also bans large electronics on flights from 6 Middle Eastern and Northern African countries”

After the U.S. today instituted a ban on bringing any electronics larger than a smart phone into the passenger cabin of direct flights that leave from 10 airports in the Middle East and North Africa, the U.K. today followed suit with a very similar ban.

The U.K. version applies to 14 airlines that operate direct flights to the U.K. out of six countries (Turkey, Lebanon, Jordan, Egypt, Tunisia and Saudi Arabia).

While there is some overlap between the airports (and hence airlines) targeted by the U.S. ban, the U.K.’s ban doesn’t only apply to laptops, tablets and portable DVD players, but also to very large phones. Those are phones that are larger than 16cm long by 9.3cm wide by 1.5cm thick. That’s bigger than an iPhone 7 Plus, so this shouldn’t affect too many devices, but the U.S. rule left some questions open whether large phablets were also banned from the passenger cabin.

Like for U.S.-bound flights, all of those large electronic devices will now have to be put into the cargo hold on inbound flights to the U.K. (where they are far more likely to get stolen).

The U.S. ban also didn’t affect any U.S. airlines, but the U.K. ban affects a total of six local carriers that operate direct flights. Those are British Airways, EasyJet, Jet2.com, Monarch, Thomas Cook and Thomson). In addition, passengers on Turkish Airways, Pegasus Airways, Atlas-Global Airways, Middle Eastern Airlines, EgyptAir, Royal Jordanian, Tunis Air and Saudia are also affected.

It’s interesting to see that Emirates, Qatar, Kuwait, Royal Air Maroc and Ethiad, which all operate direct flights out of airports covered by the U.S. ban are not on the U.K.’s list.

The reason for the difference in airports and countries affected by this ban is largely due to the fact that many of these airlines and airports don’t operate direct flights to the U.S. but do fly directly to the U.K. According to senior U.S. administration officials, this is the result of “evaluated intelligence,” but it’s unclear if this was prompted by any immediate threats.

© 2013-2017 AOL Inc. All rights reserved.
原文を読む≫


===========================================================

日本語:“イギリスでも大型電子機器の持ち込み禁止へ―、中東・北アフリカ6カ国からの直行便が対象”

中東・北アフリカの10ヶ所の空港から運航されている直行便への、スマートフォンより大きな電子機器の持ち込みがアメリカで禁止された後、イギリスでも同様の禁止令が発布された。

イギリス版の禁止令では、6カ国(トルコ、レバノン、ヨルダン、エジプト、チュニジア、サウジアラビア)14ヶ所の空港から運航されている直行便が対象となる。

両国の規制の対象となっている空港(そして航空会社)には重複しているところもあるが、イギリスの禁止令では、ノートパソコン、タブレット、ポータブルDVDプレイヤーだけでなく、サイズの大きな携帯電話も客室内への持ち込みができないようになっている。長さ16cm、幅9.3cm、厚さ1.5cmがそのサイズ制限だ。これはiPhone 7 Plusのサイズよりも大きいため、そこまで多くの人には影響を与えないと思われるが、アメリカの禁止令のもとでは大きなファブレットが持ち込めるのかどうかについて疑問が残る。

アメリカ同様、対象となるイギリス行きの直行便の乗客は、大きな電子機器を全て預入荷物の中に入れなければならない(結果的に盗難のリスクが高まる)。

アメリカの禁止令では国内の航空会社には影響がなかったが、イギリスでは国内の航空会社6社が対象空港からの直行便を運航しているため禁止令の影響を受けることになる。ブリティッシュ・エアウェイズ、イージージェット、Jet2.com、モナーク航空、トーマス・クック航空、トムソン航空がその6社だ。国外の航空会社としては、トルコ航空、ペガサス航空、アトラスグローバル、ミドル・イースト航空、エジプト航空、ロイヤル・ヨルダン航空、チュニスエア、サウジアラビア航空が影響を受ける。

エミレーツ航空、カタール航空、クウェート航空、ロイヤル・エア・モロッコ、エティハド航空が運航する直行便もアメリカでは対象となっている一方で、イギリスでは対象外とされているのは興味深い。

両国の禁止令が対象としている空港や国に違いがあるのは、両国への直行便を運航しているか否かに関係している。アメリカの政府高官によれば、禁止令は”吟味された外交情報”をもとに発布されたとのことだが、直近で脅威となるような情報が発端となったのかどうかは未だによくわかっていない。

© 2017 Copyright AOL Online Japan, Ltd. All rights Reserved.

原文を読む≫