英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“title”

Japanese astronaut Takuya Onishi and two crew members have returned to Earth after completing their mission aboard the International Space Station. Onishi described the four months he spent on the ISS as a fulfilling time.
Onishi is a former commercial pilot and is the 11th Japanese to travel into space. He’d been on the space station since July. Onishi was carried aboard a Russian Soyuz spacecraft along with the crew members from the United States and Russia.
The spacecraft left the ISS and entered Earth’s atmosphere about three hours later. It landed on a plain in Kazakhstan in central Asia at around 4:00 UTC on Sunday. About 20 minutes after the landing, Onishi was lifted out of the landing capsule.

(Takuya Onishi / Astronaut)
“I had a really fulfilling time during my stay on the ISS. I’d like to thank all who supported me. I conducted many experiments and lots of research up there, so I want to return these results back home as soon as possible.”

Onishi will have a detailed health checkup later by doctors at the U.S. space agency, NASA.

Copyright NHK(Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.


原文を読む≫


===========================================================

日本語:“大西さん 宇宙から無事帰還”

日本人宇宙飛行士の大西卓哉さんと2人の乗組員が、国際宇宙ステーション(ISS)での任務を終え、地球に帰還しました。大西さんは、国際宇宙ステーションで過ごした4か月間は充実した時間だったと述べました。
大西さんは元民間航空会社のパイロットで、宇宙の旅に出た11人目の日本人です。アメリカとロシアの宇宙飛行士とともに、ロシアの宇宙船「ソユーズ」で国際宇宙ステーションに運ばれ、7月から滞在していました。
国際宇宙ステーションを離れたソユーズは、およそ3時間後に地球の大気圏に突入し、協定世界時の日曜日(10月30日)午前4時ごろ(日本時間の午後1時ごろ)、中央アジアのカザフスタンの平原に着陸しました。そしておよそ20分後、大西さんは着陸したカプセルから運び出されました。
大西さんは、「国際宇宙ステーションに滞在していた間は、本当に充実した時間を過ごしました。支えてくれた皆さんにお礼を言いたいです。宇宙では多くの実験や研究を行いましたので、できるかぎり早く、その成果を(日本に)持ち帰りたいです」と話しました。
大西さんは、アメリカの航空宇宙局NASAで医師による詳細な健康診断を受けることになっています。

Copyright NHK(Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.


原文を読む≫