英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“Microsoft wants to crack the cancer code using artificial intelligence”

Cancer is like a computer virus and can be ‘solved’ by cracking the code, according to Microsoft. The computer software company says its researchers are using artificial intelligence in a new healthcare initiative to target cancerous cells and eliminate the disease.

One of the projects within this new healthcare enterprise involves utilizing machine learning and natural language processing to help lead researchers sift through all the research data available and come up with a treatment plan for individual cancer patients.

IBM is working on something similar using a program called Watson Oncology, which analyzes patient health info against research data.

Other Microsoft healthcare initiatives involve computer vision in radiology to note the progress of tumors over time and a project which Microsoft refers to as its “moonshot” aims to program biology like we program computers using code. The researchers plan to discover how to reprogram our cells to fix what our immune system hasn’t been able to figure out just yet.

Microsoft says its investment in cloud computing is a “natural fit” for this type of project and plans to invest further in ways to provide these types of tools to its customers.

“If the computers of the future are not going to be made just in silicon but might be made in living matter, it behooves us to make sure we understand what it means to program on those computers,” Microsoft exec Jeanette M. Wing said.

Indeed, with all the research data available, the Microsoft project, like many others in the healthcare machine learning space — including in cancer cure discovery — could help speed up medical discovery for this debilitating disease.

© 2013-2016 AOL Inc. All rights reserved.
原文を読む≫


===========================================================

日本語:“Microsoftが人工知能を使ったがん治療への取り組みを開始”

Microsoftに言わせると、がんはコンピュターウイルスみたいなもので、「コード」を読み解くことで解決できるのだそうだ。このコンピューター・ソフトウェア企業は、人工知能を使った新たなヘルスケアの取り組みを開始する。その目的は、がん細胞をターゲットにがんを消し去る方法を研究することだ。

新たなヘルスケアの取り組みにおけるプロジェクトの1つでは、機械学習と自然言語処理を活用し、現在利用可能な研究データを検索して、それぞれのがん患者に合わせた治療プランの策定を行う。

IBMもWatson Oncologyという名で、似た内容のプログラムを実施している。これも、患者の健康に関する情報と研究データを照らし合わせて分析するものだ。

Microsoftのヘルスケアの取り組みにおける別のプロジェクトでは、放射線治にコンピュータービジョンを活用し、時間の経過とともに変化する腫瘍の様子を捉える。もう1つのプロジェクトはMicrosoftが「ムーンショット」な目標を掲げるプロジェクトと呼ぶもので、これは私たちがコードを書いてコンピューターをプログラミングするように、生物もコードでプログラミングしようとするものだ。人の免疫システムが対応できていない部分に関して、人の細胞がその問題を修復できるように再プログラムを施す方法をこの研究で見つけるのが目的だ。

Microsoftは、クラウド・コンピューティングを活用してこの種のプロジェクトに挑戦することは「自然な成り行き」と説明し、カスタマーにもこういったツールを提供する方法を模索していくと説明する。

「もし未来のコンピューターがシリコンでできているのではなく、生きている物質になるというなら、そういったコンピューターをプログラムする方法を私たちは理解していなければなりません」とMicrosoftの役員であるJeanette M. Wingは言う。

確かに、これだけの研究データがあれば、Microsoftや他でもがん治療を始め、健康管理に機械学習を活用する企業が、より素早く人を衰弱させる病の治療法を見つ出すことに期待できるかもしれない。

© 2016 Copyright AOL Online Japan, Ltd. All rights Reserved.

原文を読む≫