英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“Nine-year-old boy prints a mechanical hand for his teacher”

Calramon Mabalot is a pretty wild kid. He likes 3D printing and, along with his brother, he builds lots of cool projects – including a mechanical hand for a local teacher he met while building 3D projects. In an interview with 3DPrintingIndustry, Mabalot described how he designed and built a prosthetic hand complete with full articulated fingers.

Why did he want to build a 3D-printed arm? “I like learning it,” he said.

https://twitter.com/HabSkibbix/status/745090207041544193

The project is part of the E-Nabling the Future project and can be downloaded and printed by anyone online. Mabalot met a teacher, Nick, who needed a usable prosthetic so he took up the challenge of building and assembling the project along with fitting the arm for the teacher.

Mabalot has his own website and YouTube channel and he seems like the sweetest kid in the world. While we adults flit between Facebook and email while waiting for lunch to arrive in the break room, this kid is showing us all up with his verve, drive, and talent. Seriously: take a look at the video below and be amazed.

Calramon Mabalot’s website

YouTube Channel

Copyright © The Asahi Shimbun Company.
原文を読む≫


===========================================================

日本語:“9歳の少年、先生のために3Dプリンターで電動義手を作る”

Calramon Mabalotは、ちょっとした少年だ。3Dプリンターが大好きで、兄と一緒に数多くのプロジェクトを作った ― 3Dプロジェクトで出会った先生のための電動義手も。Mabalotは3DPrintingIndustryのインタビューに答えて、指の関節付きの電動義手をどうやってデザイン、制作したかを話した。

なぜ3Dプリントで義手を作りたいと思ったのか?「作り方を知りたかったから」とMabalotは答えた。

このプロジェクトは、 E-Nabling the Futureプロジェクトの一環で作られたもので、誰でもダウンロードしてプリントできる。実用になる義手を必要としていたNickという先生と出会ったMabalotは、プロジェクトを作り、組み立て、義手を先生の体に合わせることに挑戦した。

Mabalotは自分専用のウェブサイトとYouTubeチャンネルを持っている。この少年は今、世界一優しい子供に見える。われわれ大人がFacebookとメールをいじりながら休憩室で昼休みを持っている間に、この少年は元気と才能と活力を全力で披露している。実際、下のビデオを見たら驚くにちがいない。

Copyright ©The Asahi Shimbun Company.

原文を読む≫