英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“NASA’s Spacecraft Juno Begins Orbit Of Jupiter”

UPDATE: 11:54 p.m. ET — “Welcome to Jupiter!”

After a tense, 35-minute engine burn, NASA’s Juno spacecraft successfully began its orbit of Jupiter late Monday evening, the pivotal moment of the space agency’s five-year long venture to reach the planet.

Hundreds of millions of miles away, the $1.1 billion mission all hung on a single 35-minute engine burn — a maneuver that slowed the spacecraft during its final approach and allowed the craft to sink into orbit around the solar system’s largest planet.

“Jupiter is spectacular from afar and will be absolutely breathtaking from close up,” Scott Bolton, principal investigator of Juno from the Southwest Research Institute in San Antonio, said in a statement ahead of Monday night’s events.

The solar-powered spacecraft entered the gas giant’s dangerous orbit Monday, just seconds behind schedule, to raucous applause from those gathered at NASA’s Jet Propulsion Laboratory in Pasadena, California.

NASA reported less than an hour later that Juno had turned its solar panels towards the sun for power, the last crucial move undertaken during the initial phase of the orbit.

The 35-minute engine burn, which began at 11:18 p.m. EST, slowed Juno by 1,212 mph, enough so it could be captured by the planet’s gravitational pull. Still, Juno was traveling some 130,000 mph before it reached Jupiter.

“We’ve only got one shot,” Guy Beutelschies, director of space exploration systems at Lockheed Martin, the company that built and operates Juno, told NPR. “If we miss this flyby, we’re assuming the mission’s over.”

But the Fourth of July arrival proved successful.

Now, Juno will continue a lengthy dance with Jupiter, circling the giant planet 37 times over a 20-month period and swinging as close as 2,600 miles of the planet’s cloud tops, NASA said. It will mark the first time a spacecraft has orbited Jupiter’s poles, NASA added, “providing new answers to ongoing mysteries about the planet’s core, composition and magnetic fields.”

The mission is also expected to provide scientists with a better understanding of our solar system as a whole.

“It just so happens, deep inside this body are the secrets we’re after,” a voice-over says in the NASA video below. “Secrets about our early solar system.”

The heavily armored spacecraft has been built to withstand the planet’s extreme, radiation-rich environment. But the costly mission is full of unknowns.

“When you sail into terra incognita, that is always going to make you sit on the edge of your seat, because you don’t really know for sure what you’re facing,” Heidi Becker of NASA’s Jet Propulsion Laboratory told National Geographic.

Juno is expected to begin scientific observations following a final engine burn on Oct. 19, after a lengthy phase in which the spacecraft will be captured in the planet’s orbit and all scientific instruments will be turned on. The spacecraft is set to meet a fiery death when it burns up in Jupiter’s atmosphere in February 2018.

Copyright 2016 TheHuffingtonPost.com, Inc.
原文を読む≫

====================================================

日本語:“木星に到達した探査機ジュノー、どんなミッションがあるの?”

アメリカ東部標準時7月4日11時54分(日本時間7月5日午後0時18分)。木星へ、ようこそ!

緊迫した35分間のエンジン噴射後、NASAの探査機ジュノーはアメリカの独立記念日にあたる4日夜遅く、木星の周回軌道への投入に成功した。惑星到達までの5年間にわたる旅の中で重要な瞬間だ。

成功! エンジン噴射完了。#Juno(ジュノー)は今、#Jupiter(木星)の軌道を回っていて、木星の謎解明の準備をしています。

数億キロも離れた場所で、11億ドル(約1120億円)かけたこのミッションは35分間のエンジン噴射にすべてが懸かっていた。 最終進入で機体の速度を下げ、機体を太陽系の中で最も大きい惑星の軌道に乗せる作業だった。

「木星は遠くから見ても壮観ですが、近くから見たら間違いなく息を飲むほど壮大でしょう」とテキサス州サントニオのサウスウエスト研究所ジュノー主任研究員スコット・ボルトン氏は、4日夜の軌道投入前に発表された声明で語った。

太陽光を利用したこの探査機は予定よりほんの数秒の遅れで、このガスでできた巨大惑星の危険な軌道に入り、カリフォルニア州パサデナにあるNASAのジェット推進研究所に集まった人々から拍手喝采が沸き起こった。

NASAはその後1時間も経たないうちに、軌道投入の初期段階として最後の作業となる、電力供給のためのソーラーパネルを太陽の方向へ向ける操作を行った。

エンジン噴射完了、軌道保持。みなさんの謎を解明する準備をしています #Jupiter。よろしく。

アメリカ東部標準時午後11時18分(日本時間5日午後0時18分)にエンジン噴射が始まり、ジュノーは時速約1950キロに進行速度を落とし、惑星の重力に捉えられた。ジュノーは木星に到達するまで時速約21万キロの速度で航行していた。

「私たちには一度しかチャンスがありませんでした」と、ナショナル・パブリック・ラジオ(NPR)に語ったのは、ジュノーを開発、操作しているロッキード・マーティン社の宇宙開発システム部のディレクターガイ・ベウテルスチー氏 。「この接近を逃していたら、ミッションはおしまいでした」

しかし、4日の軌道投入は成功した。

これからジュノーは木星との長いダンスを続ける。この巨大な惑星の周りを20カ月かけて37回周り、木星を取り巻く雲まで最高約4180キロまで接近する、とNASAは発表した。このミッションで木星の両極を探査機が初めて通過することになるという。「この惑星の核、構成、磁界のミステリーにあたらしい答えを提供してくれるでしょう」

また、このミッションで科学者たちは私たちの太陽系について、よりよい理解を得られるだろう。

「偶然にも、この天体の内部深くに私たちが追い求めている秘密があるのです。私たちの原始太陽系の秘密です」

この重装備の探査機は、苛酷で放射線がたくさん含まれる木星の環境に耐えられるように作られている。しかしこの高予算のミッションには予想不可能な要素がたくさんある。

「前人未到の土地に航海するのはいつも手に汗握ります。何が起こるか分かりませんから」と、NASAのジェット推進研究所のヘイディ・ベッカー氏は科学誌「ナショナルジオグラフィック」に語った。

ジュノーは、この探査船が時間をかけて木星の軌道にとらえ、すべての科学調査の装置のスイッチが入れられた後、10月19日の最終エンジン噴射が終わり次第、科学観測を始めるものとみられている。探査船は2018年2月に木星の大気の中で燃え尽き、その役目を終えることになっている。

Copyright 2016 The Huffington Post Japan, Ltd.

原文を読む≫