英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“#Brexit + #fintech: What happens now?”

The British public recently voted to leave the European Union. Only history will tell whether it was a good decision or not. The immediate issue is… what happens now? Those in financial services and technology firms will have to grapple with the unraveling of treaties that will have a direct impact on their business. But first… what happens next?

The U.K. has to invoke Article 50. In essence, Article 50 — a version of which has only ever been invoked once, by Greenland in 1985 when they were part of the EU’s predecessor, the European Economic Area (EEA) — determines the process of a member country leaving the EU. Prime Minister David Cameron said in his resignation speech that he expects the new PM to be appointed next October at the Tory Party Conference, and that that PM will issue the Article 50 notice to the EU.

However, there was news that EU bureaucrats expect the British to invoke Article 50 sooner. Martin Schulz, President of the EU Parliament, said he wanted notice to be given by Tuesday, 28 June. Jean-Claude Juncker, European Commission President, said he wants talks to start immediately. Once notice is given, the U.K. will have two years to complete its removal from the EU.

Two years seem like a long time, but as those who work in financial services know, EU directives take years to be drafted, consulted, transposed and implemented nationally in EU member states. It takes substantially longer than two years. To expect an entire nation — the second largest economy in the EU — to withdraw completely within two years is ludicrous. However, it isn’t unrealistic for the EU to ask the British to start thinking about invoking Article 50 immediately so there is a swift, smooth transition out of the EU so as to manage and mitigate market volatility and prolonged uncertainty.

Once notice is given, negotiations begins. The U.K. will have to do its utmost to try to retain the existing state it has: access to the single market, free movement of labor, equitable financial regulations, existing import-export trade-offs and a say in the formulation of broader policy. There are potentially three models the U.K. could end up with:
■ The Norway model. The U.K. retains trade and single market privileges, as if it were a member of the Union. Like Norway, they are participants in EFTA — the European Free Trade Agreement. The U.K. would have to implement all EU rules in exchange for access to the EU market, but would have no say on the rules themselves.
■ The Switzerland model. As with Switzerland, the U.K. isn’t a de facto member of the Union. They must implement and abide by their own financial services regulations and rules like Switzerland and formulate new bilateral trade deals with the EU.
■ The non-EU country model. The U.K. is treated as if it were any other non-European country in the world and must negotiate its entry into Europe from a first principles basis. Think of this situation as if the U.K. were Singapore or Peru.

It’s arguable at this stage which model is best suited for the U.K. The outcome of where the U.K. ends up will depend on the strength of the negotiators. One wonders whether having Boris Johnson/Michael Gove or Nigel Farage or Jeremy Corbyn at the helm will be to the U.K.’s advantage; consensus implies no. U.K. commentators suggest that the Norway model is the way to go; however, the recent rhetoric of the EU negotiators suggests that that option won’t be on the table.

Given this, fintech firms may have to broadly think of the following issues, and formulate plans to combat them. (For the purposes of this essay, fintech here refers to those payment firms that are either regulated as eMoney Institutions (EMIs) or Payment Institutions (PIs) by the U.K.’s Financial Conduct Authority. Their core business could include payment processing, peer-to-peer payments, e-money, online wallets, crowdfunding, online lending, mass remittances and FX payments, to name a few.) The list is not exhaustive:

People: London is privileged to have talented people from all over the EU working here. Because of the single market and free movement of labor, anyone in Europe can work here with minimal labor and employment law bureaucracy. With the growth of the fintech sector, what makes or breaks firms is talent. London will be at a competitive disadvantage if the non-EU country model is what the British end up with. To reduce that disadvantage, British finance firms have already started moving some of their operations out of the U.K. — and their people too.

Skills: The fintech industry is vying and competing for engineers, software developers, cybersecurity analysts and advanced technological thinkers. By exiting the EU, the industry here is looped out of a nearly 500 million-person labor pool that would enable them to remain competitive and, more importantly, current.

Investment: Investment and venture capitalists’ access to fintech startups here will be severely impaired. In addition to the opportunities to pitch, and access to funds that have been affected by negative tax incentives, it is arguable that fintech firms would benefit more from U.S. VCs or China VCs than those in their own backyard.

Access to the single market and the digital market: This would be part of the negotiation, but unless the Norway or Switzerland model is adopted, it’s likely that the U.K. will lose access to the EU and any innovative and forward-thinking digital market initiatives, including e-KYC, the security of internet payments, e-residency programs and e-corporations.

Privacy/data protection/security: For U.S. companies operating in the EU, the ending of the Trans-Atlantic Safe Harbor Treaty was a blow to their operations. The introduction of the new EU-U.S. Privacy Shield was a step in the right direction, but many Europeans argued it didn’t go far enough to protect the data, security and privacy of EU citizens. Now, not only will the U.K. need to negotiate new privacy/data protection and security terms with the EU, it will also have to do so with the U.S. U.K. firms wanting to operate in the EU will need to build in provisions for EU-specific requirements, and now, also look to the U.S. to engage in U.S.-specific obligations.

Regulation: Presently, there is a plethora of EU directives being negotiated at the EU level that will in due course need to be agreed upon, transposed and localized by national regulators in local jurisdictions. The directives, include for example, PSD2, 2EMD, MLD4, Security of Internet Payments and Interchange Charge Regulation. These will potentially grind to a halt until such time that the regulators of the affected member states know what the next steps are. Key amongst this for U.K. fintechs is they potentially will lose their ability to “passport” their services into the EU. This is a potentially disastrous blow for U.K. fintechs that want to scale operations into the EU. Which begs the question… which regulator next?

U.K. fintechs have had the privilege of being regulated in the U.K. by the Financial Conduct Authority — a progressive, innovative, business-friendly regulator. They’re tough, but they are pragmatic, efficient and have enough clout amongst other national regulators to play a key role in shaping and implementing EU-wide regulations. These advantages of the FCA disappear after #Brexit. The most important question for U.K. fintechs now is: Where should they go to get regulated to allow them to continue to get the benefits of the single market?

Copyright 2013-2016 AOL Inc. All rights reserved.
原文を読む≫

================================================================

日本語:“Brexit + fintech―英国のEU離脱でフィンテックはどうなるのか?”

最近、英国の有権者はEUからの離脱に賛成した。それが賢明な判断であったか否かは将来の歴史に待たねばならない。当面の問題は、これによって次になにが起きるのかだ。

この離脱にともなって多数の条約が白紙化され、さまざまな影響が生じる。金融およびテクノロジーのビジネス関係者はその詳細を把握する必要がある。最終的な結果を予測する前に、まずは当面何が起きるのかを知らねばならない。

英国は離脱にあたって、 50条を発動することになる。EUの基本条約の修正条約であるリスボン条約の50条は過去に一度しか適用されたことがない。それはEUの前身であるEEAが加盟国の脱退の手続きを定めたもので、過去には1985年にグリーンランドが〔デンマークの自治州に昇格したのを機に〕脱退した際に一度適用されたのみだ。デビッド・キャメロン首相は、辞意を表明した演説中で10月に保守党大会で選出される次期首相がEUに対して50条に基づく通告を行うことになるだろうと述べている。

しかしEU官僚は英国が50条を発動すのはそれより早くなると観測しているという報道があった。欧州議会議長のマルティン・シュルツは6月28日までに50条通告が欲しいと述べた。欧州委員会委員長のジャン=クロード・ユンケルは離脱交渉はただちに始められるべきだと語った。50条の通告がなされると英国は2年以内にEU離脱手続きを完了しなければならない。

2年というのは長い時間に思われるかもしれないが、金融ビジネス関係者はEU指令(EU directives)がいかに長期間かけて準備されているかを知っている。通常の場合それは2年よりはるかに長い。たった2年で一国が(それも英国はEU経済で2番目に大きい)まるごとEUを脱退できるとは考えられない。

しかしEUが英国に対して即刻行動に移るよう要求するのには根拠がある。さまざまな不安定さが生じて市場が混乱することを最小限に止めるためには離脱プロセスを素早く、スムーズに実行する必要がある。

50条の通告後、離脱交渉が開始される。英国は離脱後も現在保持している特権を最大限維持したいと考えるはずだ。EUという単一市場に対するアクセス、労働力の自由な移動、金融サービス規制、輸出入規則、さらにはEU政策の決定に対する発言権などだ。英国の今後の地位に関しては3つのモデルが考えられる。

■ノルウェイ・モデル: 英国は貿易とEU単一市場に関してメンバーと同様の特権を保持する。ノルウェイはEUには参加していないがEFTA〔European Free Trade Agreement=欧州自由貿易連合〕のメンバーだ。英国はEUのさまざまな規則を順守する代わりにEU市場へのメンバーなみアクセスの権利を保持する。ただしEUがどのような政策を採用するかについては発言権がない。
■スイス・モデル: スイスと同様、英国はEUの事実上のメンバーという地位にはとどまらない。英国はスイスのように独自の金融サービスの規則を制定し、実行する。EU諸国とは個別に二国間協定を結ぶ。
■非EU諸国モデル: 英国はEUに参加していない世界中の諸国と同様の地位となる。EU市場への参入に関してはゼロからの交渉となる。簡単にいえば、英国の地位はシンガポールやペルーと変わりなくなる。

現時点ではどれが英国にとってもっとも有利な選択であるかについては議論の余地がある。また交渉者の能力による部分も大きい。ボリス・ジョンソン(あるいはマイケル・ゴーヴ)、ナイジェル・ファラージ、ジェレミー・コービンのいずれかが交渉に当たるのが英国にとって有利だろうか? コンセンサスはノーのようだ。英国のテレビは明らかにノルウェイ・モデルが英国にとって有利だとしている。しかし離脱交渉の当事者からはこのオプションは選択肢に入っていないという情報が聞こえてくる。

そういった前提はあるものの、金融、フィンテックの関係者はおおまかにいって以下のような側面を考え、対策を練る必要がある。ちなみにこの記事でいうフィンテックとはEUの定めた電子マネー機関(EMI、eMoney Institutions)や決済サービス機関(Payment Institution、PI) に属するとしてイギリスの金融行動監視機構( Financial Conduct Authority、FAC)の規制下にあるような組織を言う。具体的なビジネス内容としては決済手続き、ピア・ツー・ピア決済、電子マネーの発行、オンライン・ウォレット、クラウドファンディング、オンライン貸付、一般的送金、FX決済、等々だ(このリストは一例にすぎない)。

人材: ロンドンは金融サービスに関してEU中の優秀な人材を集めていることで知られている。EUが単一市場であり、人の移動も自由であることから、EU諸国の人材は誰であろうと最小限の雇用上の規則さえクリアすればロンドンで働くことができる。フィンテックの急成長に伴い、金融サービスの消長を決定するのは人材の質となった。もし英国が非EU諸国モデルを採用するなら、金融分野はEUとの競争上の不利益を被るおそれがある。英国金融機関の中には業務の一部を海外に移す動きが始まっている。当然、その業務に従事する人間も移ることになる。

スキル:フィンテック・ビジネスは エンジニア、デベロッパー、サイバーセキュリティー専門家、優れたソフトウェア・ビジョナリストを奪い合い、激しく競争している。EU離脱は、英国が5億人に近い労働力の供給源から切り離され、これにより競争力を維持し、もっと重要なことだが、最新の状態を保つことが困難になる。

投資: 投資、ことにベンチャーキャピタリストのフィンテック・スタートアップへのアクセスが著しく阻害される。これに加えて、スタートアップのプレゼンや投資を受ける機会に税制の変化がもたらす悪影響が及ぶ。スタートアップは自らのベンチャーキャピタリストよりアメリカや中国のベンチャーキャピタリストから投資を受ける方が有利になるかもしれない。

単一市場とデジタル市場へのアクセス: これも離脱交渉のテーマだが、ノルウェイ・モデルないしスイス・モデルが採用されるのでないと、英国はEU市場へ従来のような自由なアクセスを失い、イノベーションを起こすような未来志向のデジタル市場へのアクセスにも悪影響が及ぶ。たとえばインターネットを通じた支払のセキュリティー・システムであるe-KYC、また住宅に関するe-residencyや企業に関するe-corporationsなどのプログラムといった市場へのアクセスだ。

プライバシー/データ保護/セキュリティー: EUで活動するアメリカ企業にとってEUからアメリカへ大西洋を移転するデータの保護のあり方を定めたセーフハーバー協定が2015年10月に欧州司法裁判所によって無効とされたのは大きな打撃だった。新たに合意されたプライバシー・シールド(EU-U.S. Privacy Shield)はともかく正しい方向への一歩だった。しかし新たな協定は欧州人のデータ、セキュリティー、プライバシーを十分に守れるものとなっていないとする批判がEU内に強くあった。英国は個人データとプライバシーの保護に関して新たにEUと協定を結ぶ必要があるだけでなく、アメリカとも合意しなければならない。EUで活動しようとする英国企業はEU向けのデータ保護規則に従う必要が出てくるが、同時にアメリカで活動することを望むならアメリカ独自の規則にも従わねばならない。

規制: 現在多数のEU指令案がEU諸国間で協議されている。こうした案は諸国レベルで合意を見たうえで、EU指令として採択され、各国を拘束する。EU各国はこの指令に応じた国内法を整備して強制力を持たせることになる。これらのEU指令には、PSD2〔改訂版支払サービス指令〕、2EMD〔改訂版電子通貨指令〕、 MLD4〔第4版マネー・ローンダリング指令〕などの重要な指令が含まれ、インターネットを通じた支払と電子通貨の処理の基本を定める根本的な規則となっている。英国の離脱に伴い、指令案に関する各国の協議は今後の新しい方向が定まるまで事実上棚上げされる可能性がある。

英国のフィンテックにとって非常に重要となるのは各種サービスを「パスポート」する地位を失うという問題だ〔EU加盟国内に営業拠点を持つ企業は他のEU諸国内に営業拠点をもたなくてもEU企業として扱われ、全域で活動できる。現在ロンドンがEU域外の多数の金融サービスに「パスポート」を提供している〕。「パスポート」の失効はEU全域に活動の場を広げようとする英国フィンテック企業にとって破壊的影響をもたらす可能性がある。そこで問題は最初にもどってどの国からライセンスを得ればいいのかが重要となる。

Copyright 2016 Copyright AOL Online Japan, Ltd. All rights Reserved.

原文を読む≫