英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“This Woman’s $4.5 Billion Wealth Just Evaporated Into Nothing”

Elizabeth Holmes has had a rough year so far.

Once a media darling, the chief executive of the embattled blood-testing startup Theranos suffered a stupendous fall after the Wall Street Journal last October revealed major problems with the accuracy of company’s tests. On Wednesday, her woes hit her finances.

In a report that will appear in the magazine’s June 21 issue, Forbes reassessed Holmes’ net worth, previously pegged at $4.5 billion, and lowered it down to zero.

Reporter Matthew Herper wrote:

Our estimate of Holmes’ wealth is based entirely on her 50% stake in Theranos, the blood-testing company she founded in 2003 with plans of revolutionizing the diagnostic test market. Theranos shares are not traded on any stock market; private investors purchased stakes in 2014 at a price that implied a $9 billion valuation for the company.

Since then, Theranos has been hit with allegations that its tests are inaccurate and is being investigated by an alphabet soup of federal agencies. That, plus new information indicating Theranos’ annual revenues are less than $100 million, has led FORBES to come up with a new, lower estimate of Theranos’ value.

Now, Forbes — whose lists evaluating the world’s richest people and companies are considered the most definitive measure of wealth — values Theranos at about $800 million, far lower than the $9 billion valuation that launched it into “unicorn“ status in 2014.

“At such a low valuation, Holmes’ stake is essentially worth nothing,” Herper wrote. “Theranos investors own preferred shares, which means they get paid back before Holmes, who owns common stock.”

Theranos could still raise a new round of funding at a higher valuation than $800 million. But little is known about the company’s future, Forbes noted, and so far the firm seems at best badly managed and at worst a calamitous ruse. In March, federal health regulators proposed banning Holmes from the blood-testing industry for two years.

Theranos spokeswoman Brooke Buchanan told The Huffington Post in an email that people shouldn’t put too much stock in the Forbes report. “As a privately held company, we declined to share confidential financial information with Forbes. As a result, the article was based exclusively on speculation and press reports,” she wrote.

The whole affair underscores the problems that come from valuing the net worths of startup executives whose assets are not easily converted into cash, as Fortune’s Dan Primack noted in his morning newsletter.

“[P]erhaps a future rule of thumb could be to avoid assigning net worth to entrepreneurs based on illiquid securities,” Primack wrote, before hinting that such a change may bode ill for the chief executives of firms like Uber, which is valued at $62.5 billion. “Yes, that would include Travis Kalanick, et al.”

Forbes estimates the Uber CEO to be worth $6.2 billion.

Note: The Huffington Post’s Editor-in-Chief Arianna Huffington is a member of Uber’s board of directors, and has recused herself from any involvement in the site’s coverage of the company.

Copyright © 2016 TheHuffingtonPost.com, Inc.
原文を読む≫

日本語:“アメリカで最も成功した女性、5000億円の資産評価額がゼロに 何が起きた?”

アメリカの経済誌「フォーブス」が6月1日に発表したアメリカの2016年女性長者番付で、2015年に推定資産45億ドル(約5000億円)で首位だった医療ベンチャー「セラノス」の創業者兼CEOエリザベス・ホームズ氏(32)は、今年の評価額がゼロとなった。

ホームズ氏は波乱の1年を過ごしてきた。

かつてはメディアの寵児だった血液検査のベンチャー企業セラノスは、今や批判の的となっている。2015年10月、ウォール・ストリート・ジャーナルが同社の血液検査の正確性に重大な欠陥があるのを明らかにして以来、驚くほどの転落ぶりを見せている。

6月21日発行のフォーブス誌に掲載予定のレポートでは、マシュー・ハーパー記者が次のように記している。

私たちが行ったホームズの財産氏の評価は、彼女が所有しているセラノスの株式50%に基づいている。セラノスは、診断検査市場に革命を起こそうと2003年に彼女が設立した血液検査会社だ。セラノスの株式は株式市場で取引されていない。2014年に個人投資家たちがセラノスの株を購入した価格は、同社の試算価値が90億ドルであることを示していた。

その後、セラノスは検査が不正確だと摘発されて保健当局から調査を受けている。さらにセラノスの収益が1億ドルを下回るとの新しい情報も出て、フォーブスは新たにセラノスの価値を低く評価した。

世界の富豪や企業の資産価値を評価しているフォーブスのリストは、資産の絶対的指標だとみなされているが、今はセラノスの価値を約8億ドル(約890億円)と評価している。これは2014年に90億ドル(約1兆円)と評価されて「ユニコーン企業」(企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業)になったときの額よりかなり低い。

ハーパー記者は、「このような低い評価額では、ホームズ氏の所有する株は実質的に価値がない」と述べている。「セラノスの投資家たちは優先株を保有している。つまり、普通株式を所有しているホームズ氏より先に払い戻しされる」

それでもセラノスは、8億ドルよりも高い評価をもとに、新しく資金を調達することができる。しかしフォーブスからすれば、セラノスの将来は誰にもわからない。セラノスは、ましな言い方をすれば経営がずさんだが、ひどい言い方をすれば悪質な詐欺を行っていたと言える。2016年3月には、連邦政府の保健当局はホームズ氏を血液検査産業から2年間追放する行政処分を提案した。

セラノスの広報ブルック・ブチャナン氏はハフポストUS版に人々はフォーブスのレポートを重要視し過ぎてはいけないと話した。「非上場の会社なので、私たちはフォーブスに社外秘の財務情報を共有することを拒否している。その結果として、フォーブスの記事は不確かな推論と報道のみに基いて書かれている」と、ブルックは述べている。

ビジネス雑誌「フォーチュン」誌のダン・プリマック氏は、財産を簡単には現金化できない新興企業の役員たちの資産を評価するときに起こる問題が、一連の出来事によって明らかになったと述べている。

ブリマック氏は「おそらく将来的には、現金化しにくい有価証券に基いて起業家たちの資産を決める方法は避けられるようになるだろう」と予測する。そのようにやり方が変われば自動車配信サービスの「Uber」のような企業経営者たちの先行きは暗くなるだろうと示唆している。Uberの資産評価額は625億ドル(6.8兆円)だ。「トラビス・カラニック(Uber創設者)なども関わってくるでしょう」

フォーブスはUberのCEOの資産を62億ドル(6800億円)と評価している。

Copyright ©2016 The Huffington Post Japan, Ltd. All Rights Reserved.
原文を読む≫