英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“The New York trend that’s catching people’s eyes: eating out in plastic bubble tents”

A New York bistro has a new way to let customers dine outside in safety during a global pandemic: plastic “bubble tents.”

The plastic tents have become an attraction at Cafe du Soleil on Manhattan’s Upper West Side. They take about a minute to set up and take down.

The bubbles caught the eye of cafe owner Alain Chevreux in July when he was figuring out how to stay in business.

At $400 (\42,000) a pop, each capsule holds six people, and customers reserve them over the phone.

“Families love it. Kids love it. Friends who want to get together love it,” Chevreux said. And many diners agree.

“With everything going on in this world, eating in a bubble is about one of the best experiences we can have,” said Valerie Worthy as she dined with two co-workers. “They have everything safe, clean. Everything is 6 feet (about 2 meters) apart. Love it.”

Copyright The Japan Times, Ltd.
原文を読む≫

===========================================================

日本語:“コロナで飲食店規制が続くマンハッタン 「泡テント」導入のレストランが話題”

あるニューヨークのビストロには、世界的なパンデミック中でも顧客が屋外で安全に食事できるようにする新しい方法がある:プラスチック製の「泡テント」だ。

このプラスチック製のテントはマンハッタンのアッパーウェストサイドにある「Cafe du Soleil」の名物になった。テントの設置と撤去にかかるのは約1分だ。

泡テントは、このカフェのオーナーであるAlain Chevreux氏がどうやって経営を続けていくかを模索していた7月に彼の目に止まった。

カプセルは1つにつき400ドル(\42,000)で6人まで収容でき、顧客は電話で予約する。

「家族連れがこれを気に入っています。子どもも好きです。友人同士で集まりたい人たちにも人気です」とChevreuxさんは語った。多くの食事客も同じ意見だ。

「今世界中で起きているこの状況の中で、泡テントの中で食事をすることは私たちにできる最高の体験の1つと言えるのでは」と、2人の同僚と食事をしながらValerie Worthyさんは語った。「彼らは全て安全で清潔にしています。全てが6フィート(約2メートル)離れています。気に入っています」。

Copyright The Japan Times, Ltd.
原文を読む≫