英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“Japan newlyweds can receive up to ¥600,000 to start new life”

Couples who get married from next April can receive up to ¥600,000 to cover their rent and other costs as they start a new life, provided they live in a municipality adopting Japan’s newlywed support program, government sources said Sept. 20.

As the nation’s ultralow birth rate is attributed mainly to the tendency for people to marry late or stay unmarried, the government will try to boost the number of marriages in the nation by enhancing the program to provide a larger sum and cover more couples, said the sources at the Cabinet Office.

To be eligible, both husband and wife will have to be under age 40 as of the registered date of marriage and have a combined income of less than ¥5.4 million, up from age 35 and ¥4.8 million under the current conditions for aid of up to ¥300,000.

In a 2015 survey by the National Institute of Population and Social Security Research, 29.1% of single men aged 25 to 34 and 17.8% of single women cited a lack of funds as a reason they stayed unmarried.

Copyright The Japan Times, Ltd.
原文を読む≫


===========================================================

日本語:“新婚世帯、来年度から60万円補助へ”

政府関係者は9月20日、来年4月以降に結婚し新婚支援制度を導入している自治体に住むカップルは、新生活を始めるために必要な家賃などの費用として最大60万円が支給されると発表した。

政府関係者によると、日本の超少子化の主な原因は晩婚化や未婚化の傾向にあるため、政府は新婚支援制度を充実させ、より高い金額を援助し、より多くの夫婦を対象とすることで全国の結婚件数を増やすことを目指すという。

対象となるには、夫婦ともに婚姻届を出した日の時点で40歳未満であり、合計所得が540万円未満であることが条件となる。これまでは、最大30万円の支援を受けるため35歳未満で所得合計が480万円であることが条件だった。

国立社会保障・人口問題研究所の2015年の調査では、25歳から34歳の独身男性の29.1%、独身女性の17.8%が、独身でいる理由として資金不足を挙げた。

Copyright The Japan Times, Ltd.
原文を読む≫