英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“MASK DEBATE IN GEORGIA HEATS UP”

Turning to the United States, where politicians are facing off against face masks. The politicized debate over masks is heating up after the governor of the state of Georgia moved to block mayors from enforcing face coverings in their jurisdictions.
Republican Brian Kemp issued an executive order to nullify all local mandates requiring residents to wear face coverings on Wednesday. He did not give specific reasons for his order. But local media say the governor believes making masks mandatory is not effective.
On Thursday, Kemp filed a lawsuit against Atlanta Mayor Keisha Lance Bottoms. The largest city in Georgia introduced a mask mandate, including fines for violations, on July 8. Kemp argues that Bottoms violated the executive order already issued by the state.
The mayor says she won’t back down and will see the state in court.

(Keisha Lance Bottoms / Atlanta Mayor)
“We all have to do the right thing because it’s the right thing to do. And what the scientists are telling us is that the right thing to do is to wear a mask.”

Copyright NHK
原文を読む≫


===========================================================

日本語:“米でマスク義務化をめぐり攻防”

続いてアメリカのニュースです。アメリカでは、複数の政治家たちがマスク(の着用義務化)に反対しています。ジョージア州知事が、それぞれの自治体でマスク着用の義務化を進める市長たちを阻止する動きに出たことで、マスクをめぐる議論は政治問題化して激しさを増しているのです。
共和党のブライアン・ケンプ知事は水曜日(7月15日)、自治体が住民に対してマスクの着用を義務づける全ての行政命令を無効とする知事命令を出しました。ケンプ知事はこの行政命令について具体的な理由は明らかにしていませんが、地元メディアによりますと、知事はマスクの義務化は実効性がないと考えているということです。
ケンプ知事は木曜日(7月16日)、アトランタ市のケイシャ・ランス・ボトムス市長を提訴しました。ジョージア州最大の都市アトランタは、7月8日にマスクの着用義務化を導入し、違反した場合は罰金を科す可能性もあるとしていますが、ケンプ知事は、すでに州が出していた知事命令にボトムス市長が違反したと主張しています。
これに対してボトムス市長は、行政命令を撤回するつもりはなく、州とは裁判で争うとして、「私たちは皆、正しいことをしなければなりません。なぜなら、そうすることが正しいからです。そして科学者が私たちに言っている正しいこととは、マスクを着用することなのです」と述べました。

Copyright NHK
原文を読む≫