英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“Why Cold Brew And Hot Coffee Taste Different”

If you’ve ever left a hot cup of coffee to cool down, you’ll probably notice it doesn’t taste quite as good as your favorite cold brew coffee. Nor does the hot-brewed coffee you pour over ice to make a quick cold-brew substitute.

Hot- and cold-brewed coffee have obvious temperature and flavor differences, but the variances go deeper. Researchers are beginning to uncover some chemical differences between the two.

Cold-brewed coffee is a relatively new trend and hasn’t been studied as extensively as hot-brewed coffee, said Niny Rao, a chemistry professor at Thomas Jefferson University in Philadelphia who with colleague Megan Fuller has started researching cold brew. The research was inspired by Rao’s own struggles making cold brew at home.

“When I tried it, I realized it wasn’t working out,” Rao said. “So I convinced Dr. Fuller to help me in the lab to figure out exactly what was going on.”

The two have looked at how brewing methods and the ways coffee beans are roasted impact the caffeine, acidity and antioxidant properties of the resulting brew.

Coffee brewing is a science

“Coffee brewing is a very complex process,” Rao said. “Coffee itself is a very complex beverage.”

Peter Giuliano is chief research officer at the Specialty Coffee Association and executive director of the Coffee Science Foundation, which recently announced its own research project in partnership with cold-brew coffee company Toddy on cold brew’s chemical and sensory aspects.

“All the factors of coffee brewing — water temperature, grind size, brewing time, filter type, coffee type — have an effect on coffee flavor,” Giuliano said. “Just a little understanding of the science can help consumers radically improve the flavor of their home-brewed coffee.”

Hot brew has higher antioxidant levels
Coffee is rich in antioxidants, including polyphenol chlorogenic acid, or CGA, said Megan Meyer, director of science communications at the International Food Information Council. CGA has anti-diabetic, anti-cancer, anti-inflammatory and anti-obesity effects, and could help reduce the risk for some chronic diseases, research shows.

In terms of health benefits, research published in Scientific Reports in 2018 found hot-brewed coffee retains higher levels of antioxidants than cold brew.

The type of roast you choose also determines antioxidant levels. In her team’s latest research, which hasn’t been published yet, Rao said both hot- and cold-brewed coffee had similar antioxidant levels when lighter roasts were used. For dark roasts, hot brewing keeps more antioxidants intact than cold brew.

That doesn’t mean one brewing method is necessarily healthier than the other, Rao said. But if you’re worried about oxidative stress, the free radical-antioxidant level imbalance in the body, a hot-brewed dark roast may be best.

Copyright 2020 Verizon Media.
原文を読む≫


===========================================================

日本語:“コールドブリューコーヒーはどうしてホットブリューと味が違うの?ただの冷たいコーヒーではなかった”

近年人気のコールドブリューコーヒー。
自宅でこのコーヒーを作ろうとした人の中には、温かいコーヒーを冷ます、もしくは氷の上に温かいコーヒーを注いでも、コールドブリューにはならないと気づいた人もいるのではないだろうか。

ホットブリューとコールドブリューコーヒーの明らかな違いは温度と味だ。

しかしその違いはもっと奥深い。研究者たちは今、この二つのコーヒーの化学的な違いを調べ始めている。

アメリカのトーマス・ジェファーソン大学で化学を教えるニニー・ラオ教授は、コールドブリューは比較的新しいトレンドであり、ホットブリューほど研究されていないと話す。

ラオ氏は同僚のメーガン・フラー氏と、コールドブリューの研究をしている。きっかけは、自分でうまくコールドブリューを作れなかったことだったという。

「自分でコールドブリューを作ってみようとしたのですが、なかなかうまくいきませんでした。そこでフラー博士を説得して、コールドブリューを作るときに何が起きているのかを一緒に調べることにしたのです」

ふたりは、コーヒーの抽出方法やコーヒー豆の焙煎方法が、カフェインや酸味、そして出来上がったコーヒーに含まれる抗酸化特性へのどう影響するかを調べ始めた。

コーヒーは科学だ

「コーヒーの抽出はとても複雑なプロセスです。コーヒーそのものがとても複雑な飲み物なのです」とラオ氏は話す。
スペシャルティコーヒー協会の主席研究官でコーヒー科学財団エグゼクティブ・ディレクターのピーター・ジュリアーノ氏も、「ほんの少しの科学の知識で、自宅で作るコーヒーの味がぐんと良くなります」と述べる。

コーヒー科学財団はコールドブリューコーヒーメーカーのToddyと共同で、コールドブリューの化学的、知覚的な一面を調べる研究プロジェクトを立ち上げた。

「水の温度や挽いた豆の大きさ、抽出の時間、フィルターのタイプなど、コーヒーの抽出に関するすべての要素が味に影響を与えます」とジュリアーノ氏は話す。

抗酸化物質を多く含むのはどっち?

国際食品情報協議会のメーガン・メイヤー氏によると、コーヒーにはポリフェノールの一つであるクロロゲン酸など、多くの抗酸化物質が含まれている。

クロロゲン酸には抗糖尿病や抗がん、抗炎症の効果があるとされ、いくつかの慢性疾患のリスクを下げることが過去の研究からわかっている。

この抗酸化物質についていえば、コールドブリューとホットブリューのどちらに多く含まれているのだろう。

2018年に学術誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された研究によると、ホットブリューだ。

コーヒー豆の焙煎方法も、抗酸化物質の量に影響を与える。

ラオ氏たちの最新研究によると(まだ発表されていない)、浅煎りの豆を使ったのホットブリューとコールドブリューでは、含まれる抗酸化物質の量はほとんど変わらなかった一方で、深煎りの場合、ホットブリューにより多くの抗酸化物質が残っていた。

これだけで、ホットブリューがコールドブリューに比べて健康に言えるわけではない。しかし抗酸化物質が摂りたくてコーヒーを飲むのであれば、深煎りの豆を使ったホットブリューがお勧めかもしれない。

Copyright 2020 Verizon Media.
原文を読む≫