英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?
<!–more–>
<h3>英語:“Government panel calls for revealing cyberbullies’ names, phone numbers”</h3>
A government panel agreed June 4 that victims of cyberbullying should have the right to ask website and social media operators as well as internet service providers to disclose names and phone numbers of people who make defamatory posts.
But while the communications ministry panel also called for discussions on how to ease conditions for the release of information leading to the identification of anonymous users posting defamatory comments, some members expressed concern that doing so could infringe on people’s freedom of expression.
The government has been seeking to bolster measures to counter online abuse, particularly after the death last month of Hana Kimura, a cast member of the popular Netflix reality show Terrace House who was subjected to a barrage of hateful messages on social media.
Under the current law, people in general must go through multiple court proceedings before they can identify individuals who make hateful posts against them, and many give up.
Copyright The Japan Times, Ltd.
<a href=”https://alpha.japantimes.co.jp/article/national_news/202006/45179/” target=”_blank”>原文を読む≫</a>
<BR>===========================================================<BR>
<h3>日本語:“ネット中傷者特定しやすく、政府が議論”</h3>
政府の有識者会議は6月4日、ネットいじめの被害者は、ウェブサイトやソーシャルメディアの運営者、さらにインターネットプロバイダーに対し中傷を投稿した人物の氏名や電話番号を開示するよう求める権利が認められるべきだということで合意した。
その総務省の有識者会議は、中傷を投稿した匿名のユーザーの特定につながる情報開示のための要件をどう緩和するか議論することも求めたが、一方で参加者の何名かは、そのような措置は表現の自由を侵害することになるという懸念を表明した。
政府は、特に先月ネットフリックスの人気リアリティー番組『テラスハウス』の出演者で大量の誹謗中傷にさらされていた木村花さんが亡くなった後、ネット上での嫌がらせへの対策を強化しようと取り組んできた。
現行法の下では一般的に、中傷の投稿をした人物を特定するためには数多くの公判を経る必要があり、多くの人が諦めてしまう。
Copyright The Japan Times, Ltd.
<a href=”https://alpha.japantimes.co.jp/zenyaku/national_news/202006/45197/” target=”_blank”>原文を読む≫</a>