英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“ANA to ask passengers to wear face masks or be refused on board planes”

ANA will make face masks compulsory from June. It’s a sign of what air travel will look like as the world adapts to the “new normal” of the coronavirus pandemic.
All Nippon Airways will require all passengers to wear face masks inside airports and aboard aircraft. Anyone who refuses will be barred from boarding.
The new rule goes further than an aviation industry body guideline for airlines to “request” passengers to wear a mask.
The International Air Transport Association said the risk of infection inside a plane is low compared to other kinds of transport. This may partly be because passengers all face forward and there are very efficient air filters in the cabins.
Other airlines are even stricter than ANA. Qatar Airways flight attendants have to wear full-body protection suits, and the Philippines’ Cebu Pacific Air will make its attendants take antibody tests for the virus.

Copyright The Japan Times, Ltd.
原文を読む≫


===========================================================

日本語:“全日空に新型コロナ対策 6月から搭乗時はマスク着用が必須に”

全日空は6月からマスク着用を必須とする。それは、新型コロナウイルスの世界的流行による「新たな標準」に世界が順応する中、空の旅がどのようなものになるかを示す兆候だ。
全日本空輸は乗客全員に空港内と飛行機内でマスクを着用するよう求める。拒否した場合は、搭乗できなくなる。
新しいルールは、乗客にマスクの着用を「要求する」という、航空会社に対する航空業界団体のガイドラインよりもさらに深く踏み込むものだ。
国際航空運送協会は、他の種類の交通機関と比較して、飛行機内部での感染リスクは低いと述べた。これは一部に、乗客が全員前を向いていて、機内にはとても効果的なエアフィルターがあるためだ。
他の航空会社は、全日空よりもさらに厳しい。カタール航空の客室乗務員は、全身防護スーツを着用しなければならず、フィリピンのセブパシフィック航空では、同社の客室乗務員に新型コロナウイルスの抗体検査を受けさせる。

Copyright The Japan Times, Ltd.
原文を読む≫