英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“82% say government should compensate firms that shut down over virus fears”

More than 80% of the public believes the government should compensate businesses that have complied with a request to suspend operations in response to a surge in coronavirus infections in Tokyo and other parts of Japan, according to a Kyodo News survey released April 13.
Conducted by telephone over the four days through April 13, 82% said the government should compensate businesses in exchange for suspending operations to prevent the coronavirus from spreading, while 12.4% said they see no such a need.
According to the latest survey, 80.4% of the 1,028 respondents from across the country said that Prime Minister Shinzo Abe’s declaration of a state of emergency on April 7 in Tokyo, Osaka and five other prefectures came too late, while only 16.3% said the timing was appropriate.
Under the declaration, effective through May 6, prefectural governors can request that businesses halt operations, although such a request is not legally binding.

Copyright The Japan Times, Ltd.
原文を読む≫


===========================================================

日本語:“「国が休業補償を」8割、世論調査”

国民の8割以上が、東京や全国各地での新型コロナウイルスの感染拡大への対策として政府が呼び掛けた休業要請に応じた事業者(の損失)を国が補償するべきだと考えていることが、共同通信社が4月13日に発表した世論調査結果で分かった。
4月13日までの4日間に行なわれた調査で、82%の人がコロナウイルスの拡大を防ぐために休業する代わりに国が事業者を補償するべきと回答した一方で、12.4%がその必要はないと答えた。
その最新の調査によると全国からの回答者1,028人の80.4%が、安倍晋三首相が4月7日に東京や大阪、その他5つの県を対象に出した緊急事態宣言の発令は遅過ぎたと回答し、そのタイミングは適切だったと答えたのはたった16.3%だった。
5月6日までの緊急事態宣言のもと、都府県の知事は事業者に休業を要請することができるものの、そのような要請に法的拘束力はない。

Copyright The Japan Times, Ltd.
原文を読む≫