英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“Friendly neighborhood Spider-Man entertains locals in northern England”

The northern English town of Stockport has a new hero in the battle to keep kids entertained during the coronavirus lockdown: Spider-Man!
Jason Baird, a local 34-year-old martial arts teacher, has taken to dressing up as the Marvel superhero for his daily jog. He even performs acrobatic jumps and somersaults.
On April 1, Baird stopped by an elementary school and crouched down, Spidey-style, to wav at the children.
“It’s just Co-op, and then I’ll be back,” Baird, referring to the local grocery store on his jogging route.
Following his visit to the school, Baird posed for a selfie with a policeman.
Britain has been in lockdown since late March. Residents can only leave their homes for four reasons: shopping for daily needs; one form of exercise; providing medical services; or essential work.

Copyright The Japan Times, Ltd.
原文を読む≫


===========================================================

日本語:“スパイダーマンがジョギング 外出制限の英国で子どもたちのヒーローに”

イングランド北部の町ストックポートでは、新型コロナウイルスによるロックダウン(都市封鎖)中に子どもたちを飽きさせないための戦いに新しいヒーローが登場した:スパイダーマンだ!
地元で格闘技を教えるジェームズ・ベアードさん(34)は、毎日のジョギングのときにそのマーベルのスーパーヒーローに扮するようになった。アクロバティックなジャンプや宙返りさえも披露する。
4月1日に、ベアードさんは小学校に立ち寄り、スパイダーマンスタイルでかがみ、子どもたちに手を振った。
「コープに行くだけ、それから戻ってくるよ」とベアードさんは、ジョギングルートにある地元の食料品店を指して言った。
学校への訪問に続いて、ベアードさんは警察官とセルフィーを撮るためにポーズを取った。
イギリスは3月末からロックダウン中だ。住民は以下の4つの理由でしか家を離れることができない:生活必需品の買い物、1つの形態の運動、医療サービスの提供、必要不可欠な仕事。

Copyright The Japan Times, Ltd.
原文を読む≫