英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“Hakuho victorious on Day 1 in front of empty arena”

Hakuho made a winning start to the Spring Grand Sumo Tournament on March 8, overpowering Endo at an empty Edion Arena Osaka.
The 15-day tournament is taking place behind closed doors after the Japan Sumo Association earlier this month made the unprecedented decision to keep out spectators in order to help combat the ongoing COVID-19 outbreak.
Before the top-division bouts kicked off, JSA Chairman Hakkaku delivered an address in which he thanked sumo fans for their continued support despite the tournament being held under such unusual conditions.
“For the wrestlers, this meet will be very difficult, but we are grateful for fans voicing encouragement,” Hakkaku said.
Former ozeki Kotoshogiku likened competing in the subdued atmosphere to a religious rite.
“It has a sanctified feel to it, like going to a (Shinto) shrine,” said the 36-year-old now fighting near the bottom of the upper-division rankings as a No. 13 maegashira.
Yokozuna Hakuho is aiming to extend his record for career championships to 44. Both he and fellow Mongolian-­born yokozuna Kakuryu pulled out of the previous New Year Grand Sumo Tournament in January due to injuries.
Hakuho opened with a hard slap to the face of komusubi Endo, who appeared to lose his footing before getting yanked to the clay by the all-time great, who took Japanese citizenship last year.

Copyright The Japan Times, Ltd.
原文を読む≫


===========================================================

日本語:“大相撲、無観客で開催”

白鵬は3月8日、観客のいないエディオンアリーナ大阪で遠藤を破り、大相撲春場所を白星でスタートした。
日本相撲協会(JSA)が今月初め、継続する新型コロナウイルス感染症の流行に対処するため、観客を入れないという前例のない決定をし、この15日間のトーナメント(大相撲春場所のこと)は無観客で開催されている。
幕内の取組が始まる前に、JSAの八角理事長はあいさつをし、このような通常とは異なる状況で開かれるトーナメントにもかかわらず、応援を続けてくれている相撲ファンに感謝した。
「力士にとって、今回の大会はとても難しいが、我々はファンの皆さんの声援に感謝します」と八角理事長は述べた。
元大関・琴奨菊は、静かな雰囲気での試合を宗教的な儀式になぞらえた。
「神社に来たような神聖な感じがあります」と、格付け13番目の前頭として幕内のほぼ底部で試合に臨むこの36歳の人(琴奨菊のこと)は語った。
横綱白鵬は通算優勝44回の記録を伸ばすことを目指している。彼と、仲間のモンゴル出身の横綱・鶴竜はどちらも前回の1月に開かれた大相撲初場所をケガで欠場した。
白鵬はまず小結・遠藤の顔面に激しい張り手を見舞い、遠藤はよろめいたように見えた後、昨年日本国籍を取得した史上最高の力士(白鵬のこと)に土俵にはたき込まれた。

Copyright The Japan Times, Ltd.
原文を読む≫