英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“Flag-waving Brexiteers celebrate as Britain finally leaves European Union”

The United Kingdom finally cast off from the European Union on Jan. 31 for an uncertain future, with Brexiteers claiming victory and popping sparkling wine corks for an “independence day” they said marked a new era.
In its biggest shift since losing its global empire, the United Kingdom slipped away at 2300 GMT, turning its back after 47 years on the post-World War II project that sought to build the ruined nations of Europe into a global power.
Beside the Houses of Parliament, flag-waving Brexit supporters cheered, reveling in a mix of nostalgia, patriotism and defiance.
Once considered the unlikely dream of “euroskeptics” on the fringes of British politics, Brexit also weakens the EU, conceived as a way to bind together Europe’s major powers in peace after centuries of conflict.
When the exit day finally came, after 3 1/2 years of wrangling since the 2016 referendum, it was an anticlimax of sorts: While Brexiteers waving flags toasted freedom in the rain, many Britons showed indifference or relief.

Copyright The Japan Times, Ltd.
原文を読む≫


===========================================================

日本語:“英国、EUを離脱”

英国は1月31日、ついに欧州連合(EU)から離脱し、不確かな将来に向かって進み始めた。ブレグジット支持者は勝利を宣言し、同国にとって新時代の幕開けだと彼らが言う「独立記念日」を祝ってスパークリングワインの栓を抜いた。
世界の帝国でなくなって以来最大の転換で、英国はグリニッジ標準時の午後11時、荒廃した欧州諸国を世界的な勢力にしようとした第二次世界大戦後のプロジェクトに47年間参加した後、背を向けた。
国会議事堂の横で旗を振るブレグジット支持者たちは歓声を上げ、懐古の情、愛国心、反発の混ざり合う中で沸き返った。
一時は英国政治で異端視されていたEU懐疑派の、現実にはならない夢と見られていたブレグジットは、EUを弱体化させもする。EUは数世紀続いた対立の後、欧州の主要国を平和的に団結させる手段として考え出された。
2016年の国民投票から3年半の論争を経て、ようやく離脱の日がやってきたが、ある種あっけない結末となった。ブレグジット支持者は旗を振って雨の中自由を祝ったが、多くの英国人は無関心な態度か安堵を示した。

Copyright The Japan Times, Ltd.
原文を読む≫