英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“What’s in store for 2020: Trump, climate, the Olympics”

As a new decade starts, here are three big stories to look out for.
I n his campaign to be reelected as U.S. president, Donald Trump has many advantages, including a strong economy and the unwavering support of white evangelical voters — a large slice of the country. And the conservative bias of the Senate map means he could win the election while losing the popular vote, just as he did in 2016.
Yet he is historically unpopular, especially among women and the young. The Democratic Party will seek to energize those voters, especially in key swing states.
Whoever wins, 2020 is a crucial year for the Paris accord to combat climate change. An international conference in December was clouded by squabbling and moved forward at a snail’s pace. Yet, a growing movement of young climate activists around the world is joining the fight, led by Swedish teen Greta Thunberg and driven by outrage that their elders are leaving them a bleak future. They face an uphill fight, including resistance from major polluting countries.
In 2020, Japan will host the next Summer Olympics and Paralympics. The events are a chance for Japan to shine on the global stage and show it has renewed its spirit after the 2011 earthquake, tsunami and nuclear disasters in the Tohoku region.

Copyright The Japan Times, Ltd.
原文を読む≫


===========================================================

日本語:“2020年:米大統領選、気候変動、オリパラ”

新しい10年がスタートするにあたり、気を配るべき3つの大きな話がある。
アメリカの大統領としての再選を目指す選挙活動で、ドナルド・トランプ氏には、強力な経済界や白人の福音派の有権者―国内で多くを占める―からの揺るがない支持を含め、有利な点がたくさんある。上院の選出地図(Senate map)が保守派に傾いていることから、2016年にそうだったように、一般投票では負けながらも選挙には勝つ可能性がある。
それでも彼は歴史的に人気が低く、特に女性と若者に人気がない。民主党は、特に接戦となる重要な州で、こうした有権者を活発にする方法を模索するだろう。
誰が勝とうと、2020年は気候変動に対処するためのパリ協定にとって重要な年だ。12月に開催された国際会議は、言い争いで雲がかり、非常に遅いペースで進行した。それでも、気候変動への対処を訴える世界中の若い活動家たちによるますます大きくなっている動きがこの戦いに加わりつつある。彼らは、スウェーデンの10代の若者であるグレタ・トゥンベリさんにリードされ、年長者たちが彼らに暗い未来を残していることへの怒りに突き動かされている。彼らは、汚染を広げている主要国からの抵抗を含め、困難な戦いに直面している。
2020年に日本は、次の夏季オリンピック・パラリンピックを主催する。このイベントは、日本が世界の舞台で輝き、2011年に東北地方が見舞われた地震と津波と原発災害を後に活気を取り戻したことを示すチャンスになっている。

Copyright The Japan Times, Ltd.
原文を読む≫