英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“Twitter to add a way to ‘memorialize’ accounts for deceased users before removing inactive ones”

Twitter has changed its tune regarding inactive accounts after receiving a lot of user feedback: It will now be developing a way to “memorialize” user accounts for those who have passed away, before proceeding with a plan it confirmed this week to deactivate accounts that are inactive in order to “present more accurate, credible information” on the service.
To the company’s credit, it reacted swiftly after receiving a significant amount of negative feedback on this move, and it seems like the case of deceased users simply wasn’t considered in the decision to proceed with terminating dormant accounts.
After Twitter confirmed the inactive account (those that haven’t tweeted in more than six months) cleanup on Tuesday, a number of users noted that this would also have the effect of erasing the content of accounts whose owners have passed away. TechCrunch alum Drew Olanoff wrote about this impact from a personal perspective, asking Twitter to reconsider their move in light of the human impact and potential emotional cost.
In a thread today detailing their new thinking around inactive accounts, Twitter explained that its current inactive account policy has actually always been in place, but that they haven’t been diligent about enforcing it. They’re going to begin doing so in the European Union partly in accordance with local privacy laws, citing GDPR specifically. But the company also says it will now not be removing any inactive accounts before first implementing a way for inactive accounts belonging to deceased users to be “memorialized,” which presumably means preserving their content.
Twitter went on to say that it might expand or refine its inactive account policy to ensure it works with global privacy regulations, but will be sure to communicate these changes broadly before they go into effect.
It’s not yet clear what Twitter will do to offer this ‘memorialization’ of accounts, but there is some precedent they can look to for cues: Facebook has a ‘memorialized accounts’ feature that it introduced for similar reasons.

Copyright 2013-2019 Verizon Media.
原文を読む≫


===========================================================

日本語:“Twitterが死亡したユーザーのアカウントを削除せずに「追悼する」方法を開発中”

Twitter(ツイッター)は、ユーザーからの数多くのフィードバックを受けて、アクティブでないアカウントに関する方針を変更した。同社は今後、今週発表されていたアクティブでないアカウントを非アクティブにして「より正確で信頼できる情報を提供」する計画の前に、亡くなったユーザーのアカウントを「追悼する」方法を開発している。Twitterの名誉のためにいっておくと、同社はこの計画に対してかなりの量の否定的なフィードバックを受け取った後、迅速に反応しており、休眠アカウントの終了を進める決定においてユーザーが死亡しているケースは考慮されていなかったようだ。
米国時間11月26日にTwitterが非アクティブアカウント(6カ月以上ツイートしていないもの)の非アクティブ化を発表した後、所有者が亡くなったアカウントのコンテンツも削除されることを多くのユーザーが指摘した。TechCrunchに過去に在籍していたDrew Olanoff(ドリュー・オラノフ)氏は、この影響について個人的な観点から記事を書いており、Twitterに対して人的影響と潜在的な感情的コストを考慮して、この動きを再考するよう求めている。
Twitterは11月27日のスレッドで、アクティブでないアカウントに関する新しい考え方を詳しく説明し、現在のアクティブでないアカウントに対するポリシーは実際には常に適用されているが、その実施が徹底されていなかったと説明した。EUではGDPRを参照し、地域のプライバシー法に部分的に従っている。しかし同社は、死亡したユーザーのアクティブでないアカウントを「追悼する」方法を実装する前に、それを削除することはないとも伝えている。
Twitterはこれまで、同社のアクティブでないアカウントに関するポリシーを拡大または改善して、世界的なプライバシー規制に確実に対応すると述べてきたが、その変更が実施される前に広く周知する予定だ。
Twitterによる「追悼」で何が提供されるのかはまだ明らかになっていないが、一方ではFacebookにも同様の理由で導入した 「追悼アカウント」 機能がある。

Copyright 2019 Verizon Media Japan KK
原文を読む≫