英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“15 Best Foods to Eat When You Feel Sick, According to Dietitians”

Hate to break it to you, but cold and flu season is right around the corner—and that means it’s time to stock your pantry with the comfort foods and immune-boosting nutrients your body needs to stay strong (and bounce back when you’re under the weather).
“Though we all eat differently when we’re ill, the last thing we want is to make our body work hard to break down our food, so keeping it simple is king,” says dietitian Bonnie Taub-Dix, RDN, RDN, author of Read It Before You Eat It.
Of course, you want to load up on plenty of nutrients, but Taub-Dix also recommends leaning on easy-to-digest carbohydrates. Luckily, these comforting, carb-filled foods are often what we crave when we’re feeling sick anyway.
So, how do doctors and dietitians nourish themselves when they’re sick? They turn to the following 15 foods, which will help you feel better ASAP.

1. Oatmeal
“Oatmeal is my ultimate comfort food when I don’t feel well,” says Taub-Dix. “If I feel achy and have a cold incoming on but still have my appetite, I add a heaping spoonful of almond butter, ricotta, or cottage cheese to boost the protein, which supports healing and adds to its creamy texture.”

2. Topped baked potato
Another easy-to-digest carbohydrate, baked potatoes (whether white or sweet) are another great base for an under-the-weather meal. “Most people don’t realize that potatoes provide vitamin C, an important nutrient for healing, and fiber, a gut-supporting nutrient that can be hard to get your fill of when you’re putting your salads on hold,” says Taub-Dix.
If you have the appetite, add some protein to your potato by topping it with cottage cheese or Greek yogurt.

3. Green tea
“Tea is an absolute must when I’m not feeling well,” says Taub-Dix. “Nothing provides as much comfort as a steamy mug.” Soothing quality aside, tea also helps you get in all of the fluids you need—especially if you have a fever or any stomach upset, she says. The warmth also does wonders for an achy, sore throat.
Plus, “green tea, in particular, contains all sorts of beneficial compounds,” explains Ryan D. Andrews, RD, CSCS, author of A Guide to Plant-Based Eating. “One, called quercetin, may help boost immune function.” An all-around win when you don’t feel well.

4. Honey
Whether in your tea, mixed into oatmeal or yogurt, or straight out of the spoon, honey is another helpful food when you don’t feel well. “Honey’s antibacterial properties can have a variety of positive effects in fighting a cold or flu,” explains holistic health practitioner, Elena Villanueva, DC, founder of Modern Holistic Health. “It also acts as a cough suppressant and helps heal a sore throat.”
Villanueva likes to add honey to tea or hot lemon water—and recommends choosing unfiltered local wildflower honey or Manuka honey, which are best-known for their antimicrobial properties.

5. Cereal
When you just need something simple, comforting, and easy on your system, Taub-Dix suggests a good ol’ bowl of cereal. “If I’ve had any stomach trouble, I choose almond milk over dairy milk for easy digestion,” she says.
If you want to curl up on the couch with a bowl of cereal, Taub-Dix recommends looking for a brand with at least 5 grams of fiber—and as little sugar as possible—per serving. These healthy cereal options are a good place to start.

6. Smoothies
To up her liquid intake—and sneak in some fruits and veggies without having to chew them—Taub-Dix blends up a smoothie. Her usual smoothie starts with an almond milk base, plus frozen spinach and banana, and a scoop of almond butter for protein.
Alex Caspero, RD, also turns to smoothies when she doesn’t feel so hot. “My go-to combination is one cup of pomegranate juice, 6 ounces of yogurt, and 1 cup of strawberries,” she says. Pomegranate juice contains more antioxidants—which protect cells from damage—than red wine, grape juice, or greet tea, she explains. Plus, the yogurt adds protein and fat, transforming the blend into a meal when you don’t really feel like eating.

7. Nuts and seeds
When he’s sick but has the appetite to munch, Andrews turns to nuts and seeds—of all kinds. “Nuts and seeds are rich in vitamin E and zinc, two nutrients that are necessary for optimal immune function,” he says. Pine nuts, cashews, hemp seeds, almonds, flaxseeds, and pumpkin seeds are all great choices.

8. Elderberry syrup
Elderberries, which have long been used in traditional medicine to support immune health, contain powerful antioxidants called anthocyanins. That’s why Andrews incorporates elderberry syrup daily when he feels sick. “Elderberries have antiviral properties and may help to shorten the length of a cold,” he says. You can sip elderberry syrup straight or add it to yogurt or oatmeal.

9. Chicken soup
You better believe chicken soup is as good for the body as it is for the soul! That’s why it’s a go-to for Villanueva. “Soups not only have high nutritional value but also help keep you hydrated,” she says. “Just stick with a homemade version to to avoid harmful chemicals and inflammatory additives that are often found in pre-made canned soups.”
Villanueva loads up her soups with onions and garlic, which both offer unique health perks. Garlic, for example, has an antimicrobial compound that may help combat viruses and bacteria, research shows.

10. Ginger
“One of the best holistic flu remedies out there, the benefits of ginger for cold and flu can be traced back to the pages of ancient philosophies,” says Villanueva. Now we know that ginger contains a number of active compounds (like gingerol) that support our overall health and well-being. One perk in particular: Ginger can ease nausea, a common woe associated with the flu, Villanueva says.
She likes to boil slices of fresh ginger root and sip on the resulting tea when she feels sick to her stomach, has a cough, or feels a sore throat coming on. You can also opt for a quality packaged ginger tea.

11. Cinnamon raisin bagel
Caspero relies on simple, digestible foods—like bananas, rice, applesauce, and toast—when she’s sick. One meal she craves: “A Dave’s Killer Bread Cinnamon Raisin bagel with a little non-dairy butter and a sprinkle of cinnamon.” With 11 grams of protein per serving, she feels good knowing she can enjoy a comforting, easy-to-eat food and still reap some nutritional benefits.

12. Citrus fruits
Perhaps an obvious—but still worthwhile—choice, citrus fruits like lime, lemon, and oranges are rich in vitamin C, a powerhouse antioxidant many of us load up on when we’re sick (or even feel something coming on). One review of research found that vitamin C didn’t really prevent colds, but it did reduce the number of days people experienced cold symptoms by 8 to 9 percent.
Villanueva likes to add fresh citrus juice (or even the essential oils of citrus fruits) to hot tea when she doesn’t feel well—especially if she’s dealing with lots of phlegm.

13. Legumes
Legumes are packed with the mineral zinc, which plays an important role in immune function—and can even help relieve cold and flu symptoms, says Villanueva. She incorporates chickpeas, lentils, and beans into her meals daily when feeling sick. Plus, they’re packed with fiber to keep you feeling full.

14. Scottish oatmeal with honey
“Maybe it’s because they remind me of childhood, or maybe it’s because they settle easier than other foods, but I crave breakfast foods when I’m sick,” says Caspero. “One of my favorite sick-day meals is a big bowl of oatmeal with freshly grated ginger and a drizzle of honey.”
Caspero recommends Bob’s Red Mill Scottish Oatmeal, which has a smooth, creamy texture. Every cup contains about 4 grams of beta-glucan fiber, which has been linked to benefits like healthy gut bacteria, reduced cancer risk and lower LDL cholesterol. The fresh ginger on tip will also help soothe any nausea.

15. Cinnamon tea
Not only is cinnamon incredibly warming, but it also possesses cold-fighting properties that make it more useful than a simple seasoning, says Villanueva. In fact, it’s antifungal and analgesic properties can support upper-respiratory health. She suggests sipping on a cup of cinnamon tea two or three times a day when you have a cold.

Copyright 2019 Hearst Magazine Media, Inc.
原文を読む≫

===========================================================

日本語:“風邪のときに食べてほしい15の食品”

風邪やインフルエンザのとき、何を食べるとよいの?
「具合が悪くなったときに何を食べたくなるかは人それぞれですが、消化に悪いような物はさけて。できるだけシンプルにすることがカギに」と管理栄養士で『Read It Before You Eat It』の著者であるボニー・タブディクスさん。
栄養をたっぷり摂って、少しでも早く元気になりたいものですが、タブディクスさんは、できるだけ消化にいい炭水化物にすることをすすめます。いずれにしても、病気のときに欲しくなるのは、炭水化物を多く含む食べ物ではないでしょうか。
今回は、医師や栄養士が、病気のときに早く回復するために食べているフードをご紹介します。

1. オートミール
「具合悪いときに何といっても食べたくなるのは、オートミールです」とタブディクスさん。
「風邪の引きはじめで頭痛がしても、多少でも食欲があれば、オートミールにスプーン一杯程度のアーモンドバターや、リコッタチーズ、カッテージチーズを足してタンパク質を補います。症状の回復を促しますし、舌触りもクリーミーに、よりおいしくなります」

2. ベイクドポテト
もうひとつの消化にいい炭水化物といえば、ベイクドポテト(ジャガイモ、サツマイモ)で、病気のときにぴったりの食べ物。
「イモ類にはビタミンCが豊富に含まれていることは、あまりよく知られていません。ビタミンCは風邪の回復に重要な栄養素です。 またイモ類に含まれる食物繊維も、病気で野菜不足になりがちなときに、腸の健康をサポートしてくれます」(タブディクスさん)
もし食欲があれば、トッピングとしてカッテージチーズやギリシャヨーグルトをのせて食べると、タンパク質を補えます。

3. 緑茶
「具合が悪いとき、お茶を必ず飲みます。温かい一杯ほどホッと気分を安らげてくれるものはありません」とタブディクスさん。
気分を落ち着かせてくれる以外にも、体が必要とする水分を補給することができます。特に熱や胃がムカムカするなどの症状がある場合は水分補給が大切です、とタブディクスさんは言います。温かいお茶は、頭痛や喉の痛みといった症状も和らげてくれます。
それに加えて「特に緑茶には、体によい成分が多く含まれます」と管理栄養士、CSCS(認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)で、『A Guide to Plant-Based Eating』の著者であるライアン・D・アンドリューさんは説明します。「緑茶に含まれるケルセチンという成分には、免疫機能を上げる効果があります。」
緑茶は、気分がすぐれない時の万能な飲み物と言えます。

4. はちみつ
紅茶に溶かしたり、オートミールやヨーグルトに加えたり、はたまたそのままスプーンにとってなめたりと、はちみつもまた、体調がすぐれない時のお助け食品です。
「はちみつの抗菌成分は、風邪やインフルエンザに効果的です」と説明するのは、カイロプラクティックの専門職学位をもち、モダンホリスティックヘルスの院長であるエレナ・ビラヌーバさん。「咳止めとしても効果的で、喉の痛みを緩和してくれます」
ビラヌーバさんは、温かいお茶やレモン水にはちみつを加えるのが好きなのだそう。またビラヌーバさんがおすすめするのは、抗菌成分がたっぷり含まれた、野生の花のはちみつやマヌカハニーをすすめます。

5. シリアル
手軽に食べられ、心もお腹も満たし、なおかつ消化にいい食べ物として、タブディクスさんはシリアルをすすめます。「下痢などの症状があれば、よりお腹にやさしいアーモンドミルクを選びます」(タブディクスさん)。
またシリアルは、食物繊維が5g以上入っているものを選び、できるだけ糖分が控えめのものがよいでしょう。

6. スムージー
タブディクスさんは、スムージーで水分を補給し、不足しがちな果物や野菜を補うのだとか。
アーモンドミルクをベースに、冷凍ほうれん草、バナナ、それからスプーン一杯のアーモンドバターでタンパク質を足します。
管理栄養士のアレックス・カスペロさんもまた、体調がすぐれないときにはスムージーにするのだそう。「お気に入りのレシピは、ザクロジュース1カップに、ヨーグルト170g、イチゴ1カップをブレンドしたものです」とアレックスさん。
ザクロジュースには、細胞を炎症から守る抗酸化物質が、赤ワインや、グレープジュースや、緑茶よりも多く含まれます。さらにヨーグルトを加えることで、タンパク質や脂肪が補われ、食欲がないときの食事代わりにぴったりです。

7. ナッツや種
アンドリューさんは、病気でも食欲があれば、いろいろなナッツや種を食べるようにするそう。
「ナッツや種はビタミンEや亜鉛を豊富に含みます。どちらも免疫機能を上げるのに必要な栄養素です」
松の実、カシューナッツ、ヘンプシード、アーモンド、亜麻仁、カボチャの種など体にいいナッツや種はたくさんあります。

8. エルダーベリーのシロップ
エルダーベリーは、アントシアニンという抗酸化成分を多く含むことから、伝統医学では、免疫力をつけるために使われてきました。
なので、『A Guide to Plant-Based Eating』の著者であるライアン・D・アンドリューさんは病気になると、エルダーベリーのシロップを飲むようにしているそう。
「エルダーベリーには抗ウイルス特性があり、風邪が長引かなくなります」とアンドリューさんは言います。エルダーベリーのシロップはそのままでも、ヨーグルトやオートミールに加えても美味しく食べられるそう。

9. チキンスープ
ビラヌーバさんは病気のときには必ずチキンスープを飲むそう。「栄養が豊富に含まれているだけでなく、水分補給にも役立ちます」 とカイロプラクティックの専門職学位をもち、モダンホリスティックヘルスの院長であるエレナ・ビラヌーバさん。
「缶詰スープに多く含まれる添加物や化学調味料を避けるために、手作りのものにします」
ビラヌーバさんは、特有の栄養素が詰まった玉ねぎやにんにくをスープにたっぷり加えます。例えばにんにくには抗菌性化合物が含まれ、ウイルスや細菌と戦ってくれることが研究で示されています。

10. ショウガ
「ホリスティックの風邪薬として代表的なもののひとつがショウガです。その効能は、古代哲学書にも記されているほどです」とビラヌーバさんは言います。
今ではショウガには、健康をサポートする多くの活性化合物(ジンゲロールなど)が含まれていることが分かっています。特にショウガには、インフルエンザの症状としてよくある吐き気を抑える効能があります、とビラヌーバさん。
ビラヌーバさんは、胃がむかむかするときや、咳が出るときや、喉が痛くなり出したときなどに、薄切りにしたショウガを煮出し、お茶のようにして飲むそう。手軽に飲みやすいショウガ茶のティーパックもあります。

11. シナモンレーズン・ベーグル
管理栄養士のアレックス・カスペロさんは、病気のときには、バナナ、ごはん、アップルソース、トーストなどのシンプルで消化にいい食べ物を摂るようにするそう。
そんなカスペロさんがどうしても食べたくなるのが「シナモンレーズンのベーグルに、植物性バターを塗って、シナモンをふりかけたもの」。一食で11gのタンパク質が摂れ、なおかつ心も満たされる、この手軽なスナックがお気に入りだそう。

12. 柑橘類
おそらく分かり切ったことかもしれませんが、ライム、レモン、オレンジといった柑橘類にはビタミンCが多く含まれます。
ビタミンCは最強の抗酸化物質で、誰もが風邪をひくと(あるいはひきはじめを疑うと)たくさん摂るように心掛けるものです。ある研究では、実際にはビタミンCは風邪を予防することはありませんが、風邪の症状が出る期間を8~9%短くしていたことが明らかにされています。
ビラヌーバさんのお気に入りは、温かい紅茶に柑橘類を(時には柑橘類のエッセンシャルオイルも)加えたもの。特にたんがでるときにこれを飲むそうです。

13. 豆類
「豆類には亜鉛が多く含まれます。亜鉛は、免疫機能をサポートする重要なミネラルです。また風邪やインフルエンザの症状を和らげてもくれます」とビラヌーバさん。
具合が悪いときには、ひよこ豆、レンズ豆、大豆などをこころがけて食べるようにするそう。また、豆類には食物繊維も多く含まれているので、しっかりおなかを満たしてくれます。

14. はちみつを加えたスコティッシュオートミール
「子どもの頃によく食べていたせいかもしれませんが、おなかにもやさしく感じるので、病気のときには朝ごはんに食べるようなものが欲しくなります」とカスペロさん。「病気のときのお気に入りは、すりおろしショウガとはちみちを入れたオートミールです」
カスペロさんのおススメは、クリーミーな食感の「Bob’s Red Mill」というブランドのオートミール。腸内の善玉菌を増やし、がんの発症リスクを抑え、コレステロール値を下げる効果があるとされるベータグルカン食物繊維を、1カップあたり4g含んでいます。すりおろしショウガにも、吐き気などをやわらげる効果があります。

15. シナモンティー
シナモンといえば有名な香辛料ですが、実はそれだけではないそう。
「体をあたためる効能があり、さらに風邪の予防などにも効果的」とビラヌーバさん。
実際にシナモンの抗菌作用と鎮痛作用が、上気道の炎症を抑えてくれます。ビラヌーバさんは、風邪を引いたときには、一日に2~3回シナモンティーを飲むことをすすめます。

Copyright Mediagene Inc. All Rights Reserved.
原文を読む≫