英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“Treasure hunters salvaged liquor from a 102-year-old WWI shipwreck, but haven’t tasted a drop”

A group of underwater treasure hunters has salvaged hundreds of bottles of rare cognac and liqueur from a ship that was sunk by a German U-boat during World War I.
Divers and unmanned underwater vehicles from Ocean X Team and iXplorer worked around the clock for a week last month to haul up case after case of booze from the Swedish steamer SS Kyros, which has been sitting in about 250 feet of water (77 meters) in the Baltic Sea.
They recovered 600 bottles of De Haartman & Co. cognac and 300 bottles of Benedictine liqueur — a brand now owned by Bacardi, Peter Lindberg with the Ocean X Team told CNN.

“We don’t know yet if it is drinkable. We get a fraction of smell from the Benedictine bottles and it smells sweet and from herbs,” Lindberg told CNN. “We can’t get any sense of smell from the cognac bottles, but that might just be in order since it should not smell through a cork.”

He said they are researching the cognac and talking with Bacardi to try to determine the value of the haul.
“The cognac is of a very unknown brand and we don’t know now how that will affect the value,” Lindberg said. “We certainly don’t want to open a bottle if the value is tens of thousands of dollars. We are trying to find info but it’s not easy.”
They don’t know how many bottles still have their seals intact, he said, but some have had their corks pushed down into the bottles.
“Those bottles that have their corks still in place should be good since there is still air between the level of the content and the cork,” Lindberg said.

The Kyros was on its way from France to the Russian city of St. Petersburg, then known as Petrograd, when it was stopped by the German submarine UC58 in 1917.
Russia was ruled by Czar Nicholas II at the time.
“We can’t tell for sure that these bottles were for the Czar himself, but for the nobility around him for sure,” Lindberg said.
The German submarine captain had the boat sunk because its cargo was considered contraband. They put explosives in the Kyros’ engine room to sink it.

The crew was put on nearby ship and returned safely to Sweden, according to the Ocean X team.
Divers also found a holster and what was left of a Luger pistol in the ship, Lindberg said.

The wreck was discovered in 1999 and has been damaged by fishing equipment over the years. The team had to clear away nets so it would be safe for divers to access the wreck.
Lindberg said they eventually plan to sell the bottles, but they are not in any rush.

Copyright 2019 Cable News Network.
原文を読む≫


===========================================================

日本語:“Uボートが沈めた船からコニャックなどのボトル900本、102年ぶりに引き上げ バルト海”

102年前にドイツの潜水艦によって沈められた船の積み荷から、海底探査の専門チームがこのほど、コニャックとリキュールの入ったボトル計900本を引き上げる出来事があった。一部のボトルからは香りが感じられるものの、金銭的な価値や飲用に適した状態なのかどうかは不明だという。
酒類を積んだ船はスウェーデンの蒸気船で、バルト海の水深77メートルの海底に沈んでいた。先月、2つのチームが合同でダイバーや無人探査機を送り込み、1週間にわたって昼夜を問わず作業。ボトルの入ったケースを次々と引き上げた。
チームの1つに所属するペータル・リンドバリ氏はCNNに対し、コニャックのボトル600本とリキュールのボトル300本を回収したと説明した。リキュールは現在バカルディ社が所有するブランドのものだという。

リンドバリ氏によると、これらの酒類が現在も飲めるのかどうかはまだわからない。リキュールのボトルからは甘い、ハーブ由来の香りがかすかに感じられるが、コルクで栓をしたコニャックからは全く香りがしない。
コニャックのブランド名はほとんど知られていないもので、どのくらいの価値があるのかは不明。リキュールの方も、これからバカルディに問い合わせて価値を見定めたいとしている。リンドバリ氏は「数万ドルの値が付くなら、当然ボトルは開封したくない。情報を集めようとしているが、簡単ではない」と話す。最終的に酒類は売却する計画だが、急ぐつもりは全くないとしている。
蒸気船は第1次大戦中の1917年、フランスからロシアのペトログラード(現在のサンクトペテルブルク)に向かっていたところをドイツの潜水艦「Uボート」に撃沈された。Uボートの艦長が積み荷を密輸品とみなしたためだ。船の乗組員は近くにいた別の船に移り、スウェーデンまで無事に戻ったという。

当時のロシアは皇帝ニコライ2世の治世。引き上げられたボトルが皇帝本人に送られたものだったかどうかはわからないが、皇帝周辺の貴族が飲むはずだったことは間違いないと、リンドバリ氏はみている。
蒸気船自体は99年に見つかっていたが、長年にわたるトロール漁業の影響で船体が損傷していた。このためダイバーらが安全に近づけるよう、漁網を取り除く作業が必要だった。

Copyright 2019 Cable News Network.
原文を読む≫