英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“Scientists Create App That Can See Cancer in the Eyes of Kids”

A scientist whose son lost an eye to cancer has helped develop an app that can detect diseases by looking at photos of children.
Bryan F. Shaw, associate professor in the Department of Chemistry and Biochemistry at Baylor University, and colleagues hope the app will save children from going blind. The makers dedicated the study to a child who died during research.
The White Eye detector can spot what is known as leukocoria. This is where an abnormal white reflection is seen from the retina of the eye. It is characteristic of a range of eye conditions including retinoblastoma, a rare form of eye cancer that usually affects children under the age of five, as well as Coats’ disease, cataract, amblyopia and hyperopia.

Doctors look for leukocoria in children’s check-ups, but it can also be spotted in photographs. When light reflects on the retinal blood vessels and vascular layer of the eye, the pupils glow red. But in those with the previously mentioned conditions, the pupil can appear white or a yellowy-orange color.
The White Eye Detector app was tested on 52,982 photos of children donated by parents for the study published in the journal Science Advances. Of the total participants, 20 children had been diagnosed with eye disorders, while 20 were healthy and acted as a control.

The app detected white eye in 30 percent of photos where it was present. In 80 percent of cases, the app was able to identify the abnormal eye color in photos 1.3 years before the child was diagnosed, on average. It reported white eye when it wasn’t there less than 1 percent of the time. The researchers hope to improve these figures in the next version of the app, which is available free for the public to download.
To protect parents’ privacy, the app doesn’t require an image to be uploaded to a distal server.

Copyright 2019 Newsweek
原文を読む≫


===========================================================

日本語:“幼い息子が癌で目を失った……スマホの写真から病気を発見するアプリを父親が開発”

幼い息子が癌で片方の目を失ったという科学者が、写真で目の病気の早期発見を助けるアプリを開発した。

このアプリは「ホワイト・アイ・デテクター」。名前のとおり、白色瞳孔の早期発見に役立つ。白色瞳孔とは、瞳孔から入った光が網膜にできた腫瘍に反射して白く見える症状。網膜芽細胞腫という5歳以下の子供に 多い目の希少癌や、特殊な網膜剥離で視力が低下するコーツ病、白内障、弱視、遠視などによく見られる。

白色瞳孔は子供の健康診断で チェックするが、写真でも見つけやすい。フラッシュなどの光が網膜の血管と眼球の血管膜に当たると、普通は瞳が赤く反射して写る。しかし前述のような疾患がある場合、瞳が白っぽく、あるいは黄色がかったオレンジ色に写るのだ。

10月初めにサイエンス・アドバンシズ誌に掲載された論文によると、開発チームは40人の子供の親から寄付された5万2982枚の写真を、アプリを使って検証した。40人のうち20人は目の疾患があり、20人は疾患がない比較対照のグループとした。

その結果、白色瞳孔が見られる写真のうち30%について、アプリも症状を検出した。さらに疾患のある子供の80%について、医師の診断より平均で1年4カ月ほど前の写真から、目の色の異常を検出した。
白色瞳孔ではない写真を誤認する確率は、1%に満たなかった。また、白色瞳孔の症状が見られても、上記のような疾患を必ず伴うとは限らない。
アプリは一般公開されており、無料でダウンロードできる。プライバシー保護のため、利用の際に画像をサーバーにアップロードしたりする必要はない。

Copyright 2019 Newsweek LLC.
原文を読む≫