英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“Former NASA scientist says they found life on Mars in the 1970s”

We may have already discovered the essence of life on Mars 40 years ago, according to a former NASA scientist.
Gilbert V. Levin, who was principal investigator on a NASA experiment that sent Viking landers to Mars in 1976, published an article in the Scientific American journal last Thursday, arguing the experiment’s positive results were proof of life on the red planet.
The experiment, called Labeled Release (LR), was designed to test Martian soil for organic matter. “It seemed we had answered that ultimate question,” Levin wrote in the article.

In the experiment, the Viking probes placed nutrients in Mars soil samples — if life were present, it would consume the food and leave gaseous traces of its metabolism, which radioactive monitors would then detect.
To make sure it was a biological reaction, the test was repeated after cooking the soil, which would prove lethal to known life. If there was a measurable reaction in the first and not the second sample, that would suggest biological forces at work — and that’s exactly what happened, according to Levin.
However, other experiments failed to find any organic material and NASA couldn’t duplicate the results in their laboratory — so they dismissed the positive result as false positives, some unknown chemical reaction rather than proof of extraterrestrial life.

“NASA concluded that the LR had found a substance mimicking life, but not life,” said Levin in his article. “Inexplicably, over the 43 years since Viking, none of NASA’s subsequent Mars landers has carried a life detection instrument to follow up on these exciting results.”
But now, decades later, there are more and more promising signs. NASA’s Curiosity rover found organic matter on Mars in 2018, and just last week it found sediments that suggest there were once ancient salty lakes on the surface of Mars.
“What is the evidence against the possibility of life on Mars?” Levin wrote. “The astonishing fact is that there is none.”
Levin, a maverick researcher who has often run afoul of the NASA bureaucracy, has insisted for decades that “it is more likely than not that we detected life.” Now, he and LR co-experimenter Patricia Ann Straat are calling for further investigation.
“NASA has already announced that its 2020 Mars lander will not contain a life-detection test,” Levin wrote in the Scientific American article. “In keeping with well-established scientific protocol, I believe an effort should be made to put life detection experiments on the next Mars mission possible.”

He proposed that the LR experiment be repeated on Mars, with certain amendments, and then have its data studied by a panel of experts.
“Such an objective jury might conclude, as I did, that the Viking LR did find life,” he wrote.
NASA’s Mars 2020 rover is set to launch next summer and land in February 2021. It carries an instrument that will help it search for past signs of life on Mars — the Scanning Habitable Environments with Raman & Luminescence for Organics & Chemicals instrument, dubbed SHERLOC.

The rover will look for past habitable environments, find biosignatures in rock and will test those samples back on Earth.
But if scientists fail to find evidence of life, that won’t end the hope for human exploration. Mars 2020 will also test oxygen production on the planet and monitor Martian weather to evaluate how potential human colonies could fare on Mars.

Copyright 2019 Cable News Network
原文を読む≫


===========================================================

日本語:“火星の生命の痕跡、1970代に見つかっていた? NASAの元研究員”

米航空宇宙局(NASA)は火星の地表で40年以上前に行った実験で、生命の痕跡をとらえていた可能性がある――。当時の実験にかかわったNASAの元研究員が、雑誌でそんな主張を展開し、この実験を繰り返すことを求めている。
NASAは1976年、火星に送り込んだ無人探査機「バイキング」を使ってLRと呼ばれる実験を行った。この実験で主席研究員を務めた科学者がギルバート・レビン氏。同氏は10日の米科学誌サイエンティフィック・アメリカンへの寄稿で、LR実験の結果、火星の生命の存在を裏付けるような結果が出たと論じている
LR実験は、火星の土壌に有機物が存在するかどうか調べる目的で行われた。「我々は、その究極の疑問に答えを出したようだ」とレビン氏は言う。

実験では探査機を使って火星の大地に栄養素を置いた。もし生命が存在していれば、この栄養素を摂取して代謝によって生じるガスの痕跡が残り、放射線測定器で検出できるはずだった。
それが生物反応だったことを確認するため、そこにいた生命を殺す目的で土壌を加熱した後に同じ実験を繰り返した。最初の実験で検出された反応が、2度目の実験で検出されなければ、そこには生物の力が作用していることになる。レビン氏によると、実験ではその通りの結果が出たという。
しかし、それ以外の実験では有機物は発見できず、NASAがこの実験結果を研究室で再現することもできなかった。このためNASAは、地球外生命体の痕跡ではなく、未知の化学反応による誤検知だったと結論付けた。

「実験で見つかったのは生命に似た物質であって、生命ではなかったとNASAは結論付けた」。レビン氏は記事の中でそう解説している。「どういうわけか、バイキング以後43年以上にわたってNASAが送り込んだ火星探査機はどれ1つとして、あのエキサイティングな結果について追跡調査するための生命検出装置を搭載していなかった」
しかし今になって有望な痕跡が相次いで見つかっている。NASAの探査車「キュリオシティ」は2018年に火星で有機物を発見し、太古の火星の表面に塩湖があったことをうかがわせる堆積物もこのほど見つかった。
「火星の生命の可能性を否定する証拠は何もない」とレビン氏は強調し、「我々は生命を検出した可能性が大きい」と主張。当時の実験を共同で手掛けたパトリシア・ストラート氏とともに、追跡調査の実施を求めている。

しかしレビン氏によれば、NASAは2020年に打ち上げる火星探査車にも、生命検出実験の装置は搭載しないと発表しているという。「確立された科学的手順に従って、次の火星探査車では生命検出実験を行うよう努力すべきだと確信する」と同氏は訴える。
ある程度の調整を行った上で再び火星でLR実験を行い、専門家チームが客観的な立場から実験データを検証すれば、「バイキングのLR実験で生命が発見されていたという結論が出るかもしれない」(レビン氏)
NASAは来年夏に次の火星探査車を打ち上げ、2021年2月に火星に着陸させる予定。この探査機には、過去の火星に生命が存在していた痕跡を探るための装置が搭載される。

Copyright 2019 Cable News Network.
原文を読む≫