英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“Melting ice is slowing down the Atlantic ocean’s circulation system. Yes, that’s similar to what happens in ‘The Day After Tomorrow.’”

・The ocean current system in the Atlantic Ocean, called the Atlantic Meridional Overturning Circulation (AMOC), is responsible for western Europe’s warm temperatures.
・But according to a new report from the United Nations, rising water temperatures and changes to the salinity of the world’s oceans is causing the AMOC to weaken.
・Other recent research has found that the AMOC could slow significantly if enough fresh water from melting ice enters the ocean.
・Weaker current circulation could bring more extreme weather to the Northern Hemisphere.
・A version of this scenario is depicted in the movie “The Day After Tomorrow,” though the film isn’t scientifically accurate.

Unprecedented melting of the Arctic and Antarctic ice sheets, combined with warming ocean water, could cause sea levels to rise by more than 3 feet by the end of the century, according to new report.

The assessment was compiled by more than 100 authors from 36 countries as part of the United Nations’ Intergovernmental Panel on Climate Change (IPCC). The findings suggest that as melting glaciers add vast amounts of much fresh water to the world’s oceans, the current system in the Atlantic is likely to weaken over time.
This system, called the Atlantic Meridional Overturning Circulation (AMOC), moves ocean water north and south in the Atlantic and mixes surface water with that from deep below. It’s partially responsible for western Europe’s warm and wet climate.
The UN report concluded that “the AMOC is projected to weaken in the 21st century” under every climate-change scenario. That means changes are coming to the north Atlantic even if we significantly limit greenhouse-gas emissions (and, consequently, planetary warming).

“We are definitely going into a world where AMOC is getting weaker,” Francesco Muschitiello, the author of a different study about the AMOC, previously told Business Insider.
As that happens, Europe could get colder, drier weather, and the tropics could experience stronger hurricanes.

Why melting glaciers and warming oceans weaken ocean currents
Scientists liken the AMOC to a kind of water conveyor belt.
Once warmer water reaches the area around the UK, it cools and sinks to the bottom of the Labrador and Nordic Seas. Then that cold water makes a U-turn and snakes its way along the ocean floor, all the way down to Antarctica’s Southern Ocean.

When the AMOC is flowing quickly, western Europe enjoys a wet and warm climate. But if it gets sluggish and weak, warm tropical waters don’t get moved up, and the north Atlantic cools.

The AMOC’s speed depends on a delicate balance of salt and fresh water. Salty water is dense, so it sinks easily. But as Greenland and Antarctica’s ice sheets melt, along with glaciers around the world, more fresh water is joining the AMOC.
That melting is happening quickly, the UN report confirmed. Greenland’s ice is melting six times faster now than it was four decades ago, according to an April study — the ice sheet is sloughing off an estimated 286 billion tons of ice per year. Two decades ago, the annual average was just 50 billion.

In Antarctica, meanwhile, the entire ice sheet is melting nearly six times as fast as it did 40 years ago. In the 1980s, Antarctica lost 40 billion tons of ice annually. In the last decade, that number jumped to an average of 252 billion tons per year.
The addition of all that fresh water makes the salty surface water lighter and less likely to sink, clogging up the circulation’s flow and weakening the AMOC.

Copyright 2019 Insider Inc
原文を読む≫


===========================================================

日本語:“温暖化で大西洋の循環が弱まっている…異常気象増加の一因か”

・大西洋の海流システムは大西洋南北熱塩循環と呼ばれ、西ヨーロッパの温暖な気候の要因となっている。
・だが国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の最新の報告書によると、海水温の上昇と世界の海水の塩分濃度の変化により、熱塩循環が弱まっているという。
・他の研究によると、氷床などが溶けて大量の真水が海水に混ざると、熱塩循環の流れは著しく遅くなるだろうとしている。
・熱塩循環が弱まると、北半球ではより極端な気候となる可能性がある。
・そのような気候変動のシナリオが、映画「デイ・アフター・トゥモロー」で描かれているが、科学的に正確というわけではない。

北極と南極の氷床が、これまでにない速さで溶けており、加えて海水温も上昇していることから、今世紀末には海面が90cm以上上昇するだろうと、新たな報告書が明らかにした。
この報告書は、国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC:Intergovernmental Panel on Climate Change:)による取り組みの一環として、36カ国、100人以上の研究者によってまとめられた。それによると、氷床の融解により大量の真水が海水に加わり、大西洋の海流システムが次第に弱まっていく可能性が示されている。
この海流システムのことを大西洋南北熱塩循環(Atlantic Meridional Overturning Circulation:AMOC)といい、大西洋の海水を南北で循環させ、表層水と深層水を混ぜる働きをする。西ヨーロッパの温暖で湿潤な気候の要因のひとつともなっている。
IPCCの報告書では、あらゆる気候変動シナリオにおいて「21世紀に深層循環は弱まると考えられる」と結論づけている。つまり、温室ガス排出量を著しく制限したとしても、北大西洋には変化が訪れるということだ(そして地球温暖化につながる)。
「熱塩循環が次第に弱まる世界に確実に突入する」と、熱塩循環に関する別の研究の著者であるフランチェスコ・ムスキティエロ(Francesco Muschitiello)氏は、以前Business Insiderに語っていた。

そうなると、ヨーロッパはより寒く、乾燥した気候になり、熱帯地方はより強いハリケーンに見舞われる可能性がある。

なぜ氷河の融解と海水温上昇が熱塩循環を弱めるのか
科学者は熱塩循環を海洋のベルトコンベアに例えている。
暖かな海流がイギリス付近に到達すると、冷やされてラブラドル海と北欧海(グリーンランド海、アイスランド海、ノルウェー海の総称)の底に沈む。この冷えた海流はUターンをして、海底を蛇行しながら南極海へと向かう。
熱塩循環が素早く流れると、西ヨーロッパでは暖かく湿潤な気候となる。だがそのスピードが鈍く、弱くなると、熱帯地方の海水が北上せず、北大西洋は冷やされる。

熱塩循環のスピードは、海水の塩分と真水の微妙なバランスにより変化する。塩分濃度が濃いと、容易に沈む。だがグリーンランドと南極の氷床や世界各地の氷河が溶けると、より多くの真水が海水に加わることになる。
氷床が解けるスピードは確実に速まっていることが、IPCCの報告書で立証された。また、4月に発表された論文によると、現在のグリーンランドの氷床は、40年前の6倍の速さで溶けている。氷床から崩れ落ちる氷の量は、20年前は年間平均わずか500億トンだったが、現在は2860億トンと推定されている。
一方、南極でも40年前の6倍近くの速さで氷床全体が溶けている。1年で減少する氷の量は、1980年代には400億トンだったが、ここ10年間は年間平均2520億トンに急増している。
これらの真水が海水に混ざり、表層水が軽くなることで、沈みにくくなり、海流の動きを停滞させ、熱塩循環が弱まっていく。

Copyright 2019 Mediagene Inc
原文を読む≫