英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“Nakamura, Maeda win Japan’s trial marathon for 2020 Games”

Shogo Nakamura and Honami Maeda claimed spots for the men’s and women’s marathons at the Tokyo Olympics on Sept. 15 after winning the Marathon Grand Championship, a trial race held in the Japanese capital for next summer’s competition.
Nakamura completed the men’s event first, crossing the finishing line with a time of 2 hours, 11 minutes, 28 seconds to qualify for the Summer Games, along with runner-up Yuma Hattori.
The course was almost identical to next year’s Olympic marathon. It started and finished at Meiji Jingu Gaien in busy Shinjuku Ward and took runners past several Tokyo landmarks, including the new National Stadium, the main venue for the 2020 Games.
Nakamura broke away from the leading pack with less than 4 kilometers remaining. He managed to hold onto the lead despite being followed closely by Hattori and national record holder Suguru Osako.
In the women’s event, contested among 10 runners, Maeda finished the race in 2:25:15 and qualified for the Olympics along with Ayuko Suzuki, who finished in 2:29:02.
Japan has three berths each in the men’s and women’s competitions for the 2020 Games.
The final qualifying event is the MGC Final Challenge, which gives runners a chance to claim the last spot on the Olympic marathon squad if they can post a time within 2:05:49 for men, and within 2:22:22 for women. If the spots are unfilled after the Final Challenge, they will go to the third-place getters in the Sept. 15 race.
The MGC was organized by the Japan Association of Athletics Federations in a bid to simplify the qualification process for the Olympics.

Copyright The Japan Times, Ltd.
原文を読む≫


===========================================================

日本語:“MGC で男女4人が東京五輪代表に内定”

中村匠吾選手と前田穂南選手は9月15日、来年夏のオリンピックのテスト大会を兼ねて日本の首都で開かれた「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」で優勝し、東京オリンピックの男子マラソンと女子マラソンへの出場資格を得た。
中村選手がまず男子種目を終え、2時間11分28秒でゴールラインを越え、2位の服部勇馬選手とともに夏のオリンピックへの出場資格を獲得した。
今回のコースは来年のオリンピックのマラソンとほぼ同一のものだった。スタートとゴールは、混雑した新宿区にある明治神宮外苑で、走者は2020年オリンピックのメイン会場となる新国立競技場を含めたいくつかの東京の名所を通過した。
中村選手は、残り4キロメートル以内で先頭集団から抜け出した。中村選手は、服部選手と日本記録保有者の大迫傑選手に近くまで追い上げられながらも、リードをどうにか維持した。
女子種目は、10人の走者が競い、前田選手がレースを2時間25分15秒で終え、2時間29分2秒でゴールした鈴木亜由子選手とともにオリンピック出場資格を獲得した。
日本は、2020年のオリンピックで男子種目と女子種目でそれぞれ3枠の出場枠がある。
出場資格を決める最後の大会は、 MGCファイナルチャレンジで、この大会は、走者が男子種目で2時間5分49秒、女子種目で2時間22分22秒以内のタイムを出すことができれば、オリンピックのマラソンチームに入る最後枠を獲得する機会を与える。その出場枠がファイナルチャレンジの後も埋まらなければ、9月15日に3番目の出場枠を得た人の元へ渡る。
MGCは日本陸上競技連盟がオリンピックの出場資格を認めるプロセスを簡略化しようとして企画した。

Copyright The Japan Times, Ltd.
原文を読む≫