英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“Man arrested in Singapore Changi Airport for buying ticket just to wave his wife off at the gate”

With an on-site butterfly dome, cactus garden and four-story slide, Singapore’s Changi airport regularly tops rankings of the best airports in the world.
But some travelers are taking a little too much of a shine to it.
The Singapore Police Force has issued a warning to residents not to “misuse” their boarding passes after a man was arrested for buying a ticket to walk his wife to the gate.

The misuse of boarding passes is an offense in Singapore, where transit areas are considered “protected places.”
Anyone accessing the gate-side areas at Changi without intending to fly can be prosecuted under Singapore’s Infrastructure Protection Act and fined up to S$20,000 (US$14,300) or imprisoned for up to two years. Thirty three people have been arrested under the legislation in the first eight months of 2019.

Police said the 27-year-old bought a ticket purely to walk his wife to the gate and had “no intention to depart Singapore.”
In a Facebook post they added that “passengers who enter the transit areas with a boarding pass should only be there for the purpose of traveling to their next destination.”

If the idea that anyone would actively want to spend time in an airport sounds odd, you haven’t flown through Singapore.
When Changi’s new Jewel terminal opened in April, it made headlines around the globe for its 40-meter waterfall (the world’s largest indoor one), a 14,000-square-meter Canopy Park, complete with a suspension bridge, topiary and mazes, and one of Asia’s largest indoor gardens with 3,000 trees and 60,000 shrubs.
Overstaying your welcome in the terminal is a thing, here.
In 2016, a Malaysian man was jailed after he spent 18 days in Changi, forging boarding passes to gain entry to nine airport lounges. Shortly afterward, a couple was arrested for booking flexible tickets to gain access to the Changi shopping mall, where they bought an iPhone 7.
Other passengers have been known to book refundable tickets which they cancel before the flight takes off, having enjoyed the airport.

Copyright 2019 Cable News Network
原文を読む≫


===========================================================

日本語:“妻を見送るためだけに航空券購入の男性逮捕 チャンギ空港、不正してでも入りたい?”

広大な庭園などの豪華施設で知られ、常に世界ランキングトップに立つシンガポールのチャンギ空港。同空港で妻を見送るためだけに航空券を購入したとして、男性が警察に逮捕された。シンガポール警察は市民に対し、搭乗券を不正利用してはいけないと呼びかけている。
空港の搭乗口は「保安区域」に指定され、シンガポールのインフラ保護法に基づき搭乗の意思のない者の立ち入りは禁止されている。違反した場合は2万シンガポールドル(約150万円)以下の罰金か、2年以下の禁錮が科せられる。2019年1~8月までの間に33人が同法に基づき逮捕された。
警察によると、今回逮捕された27歳の男性は、妻を出発ゲートで見送るためだけに搭乗券を購入し、シンガポールから出国する意図はなかったとされる。

警察はフェイスブックでも、「搭乗券での搭乗エリア立ち入りは、次の目的地に渡航することのみを目的としなければならない」とくぎを刺した。
チャンギ空港には、わざわざ滞在したいと思わせるだけの理由がある。4月に新しくオープンした新ターミナルの「ジュエル」は高さ40メートルの滝(屋内の滝としては世界最大)があり、吊り橋やトピアリーや迷路を併設した広さ1万4000平方メートルの公園は、アジア最大級の屋内庭園として知られる。
2016年にはマレーシア人の男性が、搭乗券を偽造してチャンギ空港の9ラウンジに侵入し、空港内に18日間滞在したとして禁錮刑を言い渡された。その直後にも、航空券を不正利用してチャンギ空港のショッピングモールに侵入し、「iPhone 7」を購入したカップルが逮捕された。
ほかにも払い戻し可能な航空券を購入してチャンギ空港を満喫し、便の出発前にキャンセルした乗客の例が知られている。

Copyright 2019 Cable News Network.
原文を読む≫