英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“Global Map Shows the Places Left on Earth Where the World’s Wildlife Can Take Refuge”

The biggest killers of wildlife globally are unsustainable hunting and harvesting, and the conversion of huge swathes of natural habitat into farms, housing estates, roads and other industrial activities. There is little doubt that these threats are driving the current mass extinction crisis.
Yet our understanding of where these threats overlap with the locations of sensitive species has been poor. This limits our ability to target conservation efforts to the most important places.
In our new study, published today in Plos Biology, we mapped 15 of the most harmful human threats—including hunting and land clearing—within the locations of 5,457 threatened mammals, birds and amphibians globally.
We found that 1,237 species—a quarter of those assessed—are impacted by threats that cover more than 90 percent of their distributions. These species include many large, charismatic mammals such as lions and elephants. Most concerningly of all, we identified 395 species that are impacted by threats across 100 percent of their range.

Mapping the risks
We only mapped threats within a species location if those threats are known to specifically endanger that species. For example, the African lion is threatened by urbanization, hunting and trapping, so we only quantified the overlap of those specific hazards for this species.
This allowed us to determine the parts of a species’ home range that are impacted by threats and, conversely, the parts that are free of threats and therefore serve as refuges.
We could then identify global hotspots of human impacts on threatened species, as well as “coolspots” where species are largely threat-free.
The fact that so many species face threats across almost all of their range has grave consequences. These species are likely to continue to decline and possibly die out in the impacted parts of their ranges. Completely impacted species certainly face extinction without targeted conservation action.
Conversely, we found more than 1,000 species that were not impacted by human threats at all. Although this is positive news, it is important to note that we have not mapped every possible threat, so our results likely underestimate the true impact. For example, we didn’t account for diseases, which are a major threat to amphibians, or climate change, which is a major threat to virtually all species.

Copyright 2019 Newsweek
原文を読む≫


===========================================================

日本語:“野生動物を「大絶滅」から救う初の世界地図”

<絶滅の危険がある「ホットスポット」と動物の避難所になる「クールスポット」を色分けできれば、戦略的に保護活動を進めることができる>
野生動物を死に追いやる最大の要因は、世界中どこでも狩猟と密猟、それに農地開拓や道路建設などによる生息地の喪失だ。多くの種類の生き物が一度に絶滅する「大絶滅」の危機を招いているのが、この2大要因であることは疑う余地がない。
しかし、同じ動物でも生息地ごとにどの程度絶滅の危険にさらされているかは、これまでほとんど知られてこなかった。そのために、エリアごとに的を絞った保護活動はなかなかできずにきた。
我々は学術誌「Plos Biology」に発表したばかりの論文で、狩猟や伐採など最も深刻な15項目の人為的脅威が、絶滅のおそれがある世界中の5457種の哺乳類、鳥類、両生類の生息地に、実際どのくらいの危険をもたらしているかを調べた。
その結果、5457種のざっと4分の1に当たる1237種は生息域全体の90%超が絶滅の脅威にさらされていることが分かった。そのなかにはライオン、ゾウなど多くの大型哺乳類も含まれる。最も懸念されるのは、生息域の全域が深刻な脅威にさらされている動物が395種にも上ることだ。

予測不可能な脅威も
次に我々は、個々の動物種の生息域ごとに、その動物の生存を脅かす要因をマッピングした。例えば、アフリカのライオンは都市化と狩猟と密猟に脅かされているため、ライオンの生息域の中ではそれらの脅威の強弱を示した。
すると、特定の動物の生息域のうち、深刻な脅威があるエリアと、人為的な脅威が少なく、動物たちの避難所になり得るエリアが浮かび上がった。
そこで、動物が人為的な脅威にさらされている「ホットスポット」と、おおむね脅威がない「クールスポット」を世界地図上で色分けした。
多くの野生動物が生息域のほぼ全域で脅威にさらされているという事実は、重大な懸念材料だ。これらの動物はどんどん数が減り、人間が侵入したエリアから完全に姿を消すだろう。逃げ場がなければ絶滅は時間の問題であり、重点地域に的を絞った保護活動が急務だ。
一方、人為的な脅威にまったくさらされていない1000種超の動物も確認できた。これは明るいニュースだが、単純には喜べない。たとえば両生類の主要な脅威である感染症の影響は考慮に入れていないし、すべての動物に影響を及ぼす気候変動も同様だ。

Copyright 2019 Newsweek LLC.
原文を読む≫