英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“UK’s extended 5km airport drone ‘no-fly’ zones in force next month”

The UK’s Department for Transport has said today that an expansion of drone ‘no-fly’ zones to 5km around airport runways will come into force on March 13.
Anyone caught and convicted of flying a drone inside the restricted zones could face a fine and years in prison.
Last month the government said it would tighten restrictions on drones flights around airports, after the existing 1km limit was criticized for being inadequate — saying it believes expanded no-fly zones will help protect airports from drone misuse.
The 1km drone exclusion zone around airports, and a 400ft drone flight height restriction rule, only came into force last July. But ministers came in for sharp criticism following the Gatwick Airport drone fiasco when a spate of drone sightings near the UK’s second busiest airport caused a temporary shutdown of the runway and travel disruption for thousands of people right before Christmas.
Heathrow, the UK’s busiest airport, also briefly halted departures after further sightings of drones last month.
“The law is clear that flying a drone near an airport is a serious criminal act. We’re now going even further and extending the no-fly zone to help keep our airports secure and our skies safe,” said transport secretary, Chris Grayling, in a statement today.
“We are also working to raise awareness of the rules in place. Anyone flying their drone within the vicinity of an airport should know they are not only acting irresponsibly, but criminally, and could face imprisonment.”
The government and the Civil Aviation Authority have announced a partnership with online retailer Jessops to help raise public awareness about the new drone rules — and encourage what they dub “responsible drone use” — as part of a national awareness campaign.
The government also said work is continuing on a new Drones Bill. Although the planned legislation is already almost a year behind schedule — and is still only slated for introduction “in due course”.
The bill will give police officers powers to stop and search people suspected of using drones maliciously above 400ft or within 5km of an airport, the government said.
It added that the planned legislation will give additional new powers to the police to clamp down on those misusing drones and other small unmanned aircraft, including the power to access electronic data stored on a drone with a warrant.
Additional powers for police were trailed back in 2017 when the drone bill was first floated by the government. It re-announced its intention to beef up police powers to tackle drone misuse last month following the Gatwick fiasco.
The government added today that the Home Office is still reviewing the UK’s approach to countering the malicious use of drones, writing that it will “consider how best to protect the full range of the UK’s critical national infrastructure — including testing and evaluating technology to counter drones”.
In related news this month, drone maker DJI announced upgrades to its geofencing systems across Europe — applying stricter and more detailed restrictions around airports and other sensitive sites after switching its mapping data provider from US based AirMap to UK based Altitude Angel.

Copyright Verizon Media.
原文を読む≫


===========================================================

日本語:“英国、来月から空港周辺のドローン飛行禁止ゾーンを5キロに拡大”

英運輸省は、3月13日から空港周辺のドローン禁止ゾーンを5キロ以内へと拡大することを今日発表した。
制限ゾーン内でドローンを飛ばしたり、飛ばそうとした人には罰金と懲役が科せられる。
飛行禁止ゾーン1キロは十分ではないとの批判を受け、政府は先月、空港周辺でのドローン飛行に関する制限を厳しくすると明らかにしていた。この批判は、飛行禁止ゾーンを拡大することでドローンの誤使用から空港を守ることになる、との考えに基づいている。
空港周辺1キロでドローンを排除し、ドローンの飛行高度を最大400フィートとする制限は昨年7月に導入されたばかりだった。しかし英国で2番目に大きいガトウィック空港で連続してドローンが目撃され、それにより滑走路が一時閉鎖されて何千人もの旅行客がクリスマス直前に混乱に陥ったドローン騒動で、大臣は厳しい批判を浴びた。
英国で最も混雑するヒースロー空港でも先月ドローンが目撃され、一時的に離陸を停止する措置が取られた。
「法律では、空港周辺でのドローン飛行は重大な犯罪行為であることが明確に示されている。そして我々はいま、空港と空の安全確保を維持するために飛行禁止ゾーンを拡大する」と運輸相のChris Graylingは声明文で述べた。
「我々はまたルールの啓発にも取り組んでいる。空港周辺でドローンを飛ばす人は無責任な行動をとっているだけでなく、犯罪行為を行なっているということ、そして懲役刑が科せられることを知っておくべきだ」。
政府と英国民間航空局は、新ドローン規制の周知と“責任あるドローン使用”を促すため、国レベルの啓発キャンペーンの一環として、オンライン小売のJessopsとパートナーシップを結んだことを発表した。
政府はまた、新ドローン法案の取り組みも続けているとしている。しかしながら計画された法制化はすでにスケジュールから1年も遅れていて、しかもまだ導入は“そのうちに”という状態だ。
計画されている立法では、400フィート以上、あるいは空港から5キロ以内で悪意を持ってドローンを使用したと疑われる人を警察は捜索できるようになる、と政府は説明している。
また、この新法案では、令状に基づいてドローンに保存された電子データにアクセスすることができるようになるなど、ドローンや小型無人航空機の誤使用を警察が厳しく取り締まれるようにもする。
警察にさらなる権限を持たせるというのは、政府が最初にドローン法案を持ち出した2017年に明らかにされている。政府は、ガトウィック空港騒ぎを受けて先月、ドローンの誤使用に取り組む警察の権限をアップする意向を改めて発表した。
政府は今日、内務省が「ドローンに対処するためのテクノロジーのテストと評価も含め、英国の重要な国家インフラを最大限守るための方策を検討する」と記して、内務省が悪意あるドローン使用に対処するアプローチについてレビューを行なっていることも付け加えた。
今月あった関連ニュースとして、ドローンメーカーDJIが欧州全域でジオフェンスシステムをアップグレードするというものがあった。このアップグレードは、マッピングデデータのプロバイダーを米国拠点のAirMapから英国拠点のAltitude Angelへと変更し、空港と他の要注意敷地の周辺に今まで以上に厳しく細かな制限を適用する、というものとなっている。

Copyright 2019 Oath Japan KK Aol.JP
原文を読む≫