英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“Bohemian Rhapsody wins top Golden Globes prize”

Portrayals of real-life musicians dominated at the 76th Golden Globes held in Beverly Hills, California, on Jan. 6 as Bohemian Rhapsody and Green Book won top honors, while the films’ stars also picked up awards for their acclaimed performances.
Bohemian Rhapsody, about the late Queen frontman Freddie Mercury, bested another movie set in the music industry, fan favorite A Star Is Born, to win best picture (drama) and best actor in a drama for Rami Malek.
“I am beyond moved. My heart is pounding out of my chest right now,” said Malek, whose list of people to thank included the Queen singer, who died in 1991.
“Thank you to Freddie Mercury for giving me the joy of a lifetime. I love you, you beautiful man. This is for and because of you, gorgeous.”
Green Book, which follows a tour between pianist Don Shirley and Tony Vallelonga, won best picture (musical or comedy) and best supporting actor for Mahershala Ali.
Though music is at the center of both Bohemian Rhapsody and A Star Is Born, the films competed in the drama categories instead of musical/comedy, submitted that way by their studios.
A Star Is Born walked into the Globes as a favorite with five nominations, but only ended up winning one award: best original song for Shallow, co-written by lead star Lady Gaga.

Copyright The Japan Times, Ltd.
原文を読む≫


===========================================================

日本語:“米ゴールデン・グローブ賞、作品賞は「ボヘミアン・ラプソディ」”

『ボヘミアン・ラプソディ』と『グリーンブック』がトップの賞を受賞し、両作の主演者も高く評価された演技で賞を獲得し、ミュージシャンの実生活を描いた作品が、カリフォルニア州ビバリーヒルズで1月6日に開催された第76回ゴールデングローブ賞を席巻した。
クイーンのフロントマンだった故・フレディー・マーキュリーさんに関する作品『ボヘミアン・ラプソディ』は、音楽業界を舞台にした他の映画でファンが大好きな作品『アリー/スター誕生』に勝り、最優秀作品賞(ドラマ)を獲得し、ラミ・マレクはドラマ部門で最優秀主演男優賞を獲得した。
「感動以上です。心臓が今胸から飛び出しそうなほどバクバクしています」と、マレクは語り、感謝したい人として1991年に亡くなったクイーンの歌い手を含めた。
「フレディー・マーキュリーに、一生に一度の喜びを与えてくれたことに感謝したいです。美しいあなたに愛を送ります。この賞は、あなたのためのものであり、素晴らしいあなたのおかげで達成できました」。
ピアニストの. ドン・シャーリーとトニー・バレロンガのツアーを追った『グリーンブック』は、最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)と、マハーシャラ・アリの演技で、最優秀助演男優賞を獲得した。
音楽では『ボヘミアン・ラプソディ』と『アリー/スター誕生』の両方が中心だったが、この2作品はミュージカル/コメディ部門ではなくドラマ部門で競い、製作スタジオではそのように提出した。
5部門でノミネートされ、ゴールデン・グローブの有力候補だった『アリー/スター誕生』は、最終的に主演のスターであるレディー・ガガが共同で作曲したオリジナル曲の『Shallow』で受賞した主題歌賞の1つしか賞を取らなかった。

Copyright The Japan Times, Ltd.
原文を読む≫