英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“DRAFT OF NEW DEFENSE GUIDELINES LAID OUT”

Japanese government officials have outlined their proposal for new defense guidelines in front of a panel of experts. They’re planning to modify a destroyer to act as an aircraft carrier. They hope it will bolster defense capabilities in the Pacific.
Prime Minister Shinzo Abe’s Cabinet wants to officially approve the guidelines at their meeting next week. They propose introducing F-35B stealth fighter jets. The planes can take off at a short distance and land vertically, like on runways on remote islands or aircraft carriers.
To increase the planes’ range, the draft calls for revamping the country’s largest destroyer, the Izumo, though officials say it would not be an attack carrier and wouldn’t always carry jets. Japan maintains an exclusively defense-oriented policy.
The move comes as China increases its maritime presence in the region. Its first aircraft carrier started service in 2012 and Beijing plans to build more.

Copyright NHK
原文を読む≫


===========================================================

日本語:“護衛艦“いずも”を空母化の方針”

日本政府は新たな「防衛計画の大綱」についての骨子案を有識者会議で示し、護衛艦(いずも)を空母として行動できるよう改修することによって、太平洋海域での防衛力を強化したいという考えを明らかにしました。
安倍内閣は来週の閣議で、この指針を正式に決定したい考えです。骨子案には、離島や空母の短い滑走路でも離陸でき、垂直に着陸することもできるステルス戦闘機F35Bを導入することが盛り込まれています。
骨子案ではさらに、戦闘機の航続距離を伸ばすため、国内最大の護衛艦「いずも」を改修することを求めています。政府の当局者は、「いずも」を攻撃型空母にするわけではなく、(攻撃型空母のように)常に戦闘機を搭載するわけでもないと説明したしたうえで、日本はあくまでも専守防衛の方針を維持すると述べました。
護衛艦を事実上の空母化する背景には、太平洋地域で海洋進出を強める中国の存在があります。中国は2012年に初めての空母を就役させ、さらにその数を増やす計画です。

Copyright NHK
原文を読む≫