英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“Boeing launches business jet capable of world’s longest flight”

Boeing has unveiled its newest line of business jets, which the company says will allow VIP travelers to fly nonstop between “any two cities on Earth.”
The BBJ 777X planes will have a range of 11,645 nautical miles (21,570 km), enabling them to offer the longest commercial flight in the world.
Depending on which routes the jets are used on, the new models mean Boeing could wrestle the crown for farthest nonstop travel away from Airbus.
Earlier this year, Singapore Airlines resumed its 17-hour flights between London and Singapore on Airbus A350-900 ULR (Ultra-Long Range) jets.
But the distance traveled on the record-breaking flights is a mere 9,000 nautical miles (16,700 kilometers), putting it below the range Boeing’s new jets are capable of.
The planes “can fly more than halfway around the world without stopping, farther than any business jet ever built,” the company said in a statement.
“Our most exclusive customers want to travel with the best space and comfort and fly directly to their destination. The new BBJ 777X will be able to do this like no other airplane before it, redefining ultra-long range VIP travel,” Greg Laxton, head of Boeing Business Jets, added at the Middle East Business Aviation Association Show (MEBAA).
The jets could be used to connect New York City with Perth in Western Australia, a journey which currently requires a connection and takes more than a day to make.
Two versions of the jets have been made, the BBJ 777-8 and 777-9, with the latter offering a slightly shorter range of 11,000 nautical miles (20,370 kilometers) but boasting a larger cabin.

Copyright 2018 Cable News Network.
原文を読む≫


===========================================================

日本語:“ボーイング、新型ビジネス機を発売 航続距離は地球半周以上”

米航空機大手ボーイングはこのほど、民間航空機として最長の航続距離を実現した新型のビジネスジェット「BBJ777X」シリーズ2機種を発売した。
BBJ777―8型機の航続距離は2万1570キロ。もう一方の777―9型機は2万370キロとわずかに短いものの、より広い客室スペースを確保している。いずれも給油なしで地球を半周以上飛ぶことが可能だ。
米ニューヨークからオーストラリア西部パースまでは現在、乗り継ぎを含めて丸1日以上かかっているが、両都市間の直行便にも使うことができる。
ボーイング・ビジネスジェット部門の責任者は中東のビジネス航空ショーMEBAAで、「トップクラスの顧客は最高の空間と乗り心地で目的地まで直行することを望んでいる。BBJ777Xは初めてこれを実現可能にした」と述べた。
世界最長の直行便としては、シンガポール航空が最近、シンガポール・ニューヨーク間の1万6700キロを19時間で結ぶ直行便の運航を再開した。この便にはエアバスの350―900型機が使われている。

Copyright 2018 Cable News Network.
原文を読む≫