英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“How language shapes the way we think”

So, I’ll be speaking to you using language … because I can. This is one these magical abilities that we humans have. We can transmit really complicated thoughts to one another. So what I’m doing right now is, I’m making sounds with my mouth as I’m exhaling. I’m making tones and hisses and puffs, and those are creating air vibrations in the air. Those air vibrations are traveling to you, they’re hitting your eardrums, and then your brain takes those vibrations from your eardrums and transforms them into thoughts. I hope.
I hope that’s happening. So because of this ability, we humans are able to transmit our ideas across vast reaches of space and time. We’re able to transmit knowledge across minds. I can put a bizarre new idea in your mind right now. I could say, “Imagine a jellyfish waltzing in a library while thinking about quantum mechanics.”
Now, if everything has gone relatively well in your life so far, you probably haven’t had that thought before.
But now I’ve just made you think it, through language.
Now of course, there isn’t just one language in the world, there are about 7,000 languages spoken around the world. And all the languages differ from one another in all kinds of ways. Some languages have different sounds, they have different vocabularies, and they also have different structures — very importantly, different structures. That begs the question: Does the language we speak shape the way we think? Now, this is an ancient question. People have been speculating about this question forever. Charlemagne, Holy Roman emperor, said, “To have a second language is to have a second soul” — strong statement that language crafts reality. But on the other hand, Shakespeare has Juliet say, “What’s in a name? A rose by any other name would smell as sweet.” Well, that suggests that maybe language doesn’t craft reality.
These arguments have gone back and forth for thousands of years. But until recently, there hasn’t been any data to help us decide either way. Recently, in my lab and other labs around the world, we’ve started doing research, and now we have actual scientific data to weigh in on this question.
So let me tell you about some of my favorite examples. I’ll start with an example from an Aboriginal community in Australia that I had the chance to work with. These are the Kuuk Thaayorre people. They live in Pormpuraaw at the very west edge of Cape York. What’s cool about Kuuk Thaayorre is, in Kuuk Thaayorre, they don’t use words like “left” and “right,” and instead, everything is in cardinal directions: north, south, east and west. And when I say everything, I really mean everything. You would say something like, “Oh, there’s an ant on your southwest leg.” Or, “Move your cup to the north-northeast a little bit.” In fact, the way that you say “hello” in Kuuk Thaayorre is you say, “Which way are you going?” And the answer should be, “North-northeast in the far distance. How about you?”
So imagine as you’re walking around your day, every person you greet, you have to report your heading direction.
But that would actually get you oriented pretty fast, right? Because you literally couldn’t get past “hello,” if you didn’t know which way you were going. In fact, people who speak languages like this stay oriented really well. They stay oriented better than we used to think humans could. We used to think that humans were worse than other creatures because of some biological excuse: “Oh, we don’t have magnets in our beaks or in our scales.” No; if your language and your culture trains you to do it, actually, you can do it. There are humans around the world who stay oriented really well.
And just to get us in agreement about how different this is from the way we do it, I want you all to close your eyes for a second and point southeast.
Keep your eyes closed. Point. OK, so you can open your eyes. I see you guys pointing there, there, there, there, there … I don’t know which way it is myself —
You have not been a lot of help.
So let’s just say the accuracy in this room was not very high. This is a big difference in cognitive ability across languages, right? Where one group — very distinguished group like you guys — doesn’t know which way is which, but in another group, I could ask a five-year-old and they would know.

© TED Conferences, LLC. All rights reserved.
原文を読む≫

===========================================================

日本語:“言語はいかに我々の考えを形作るのか”

私は言葉を使って 皆さんにお話しします— そうできますので これは人間の持つ 不思議な力のひとつです とても複雑な考えを 伝え合うことができます 私が今しているのは 息を吐きながら 口を使って音を作るということで かすれた音や はじける音を出し それが空気を振動させ その空気の振動が 皆さんのところに届いて 鼓膜にぶつかり その鼓膜の振動を 脳が 思考へと変えるのです 願わくは
そうなっていることを 期待します この能力のお陰で 人間は自分の考えを 時間や空間を越えて 伝えることができます 心から心へと 知識を伝えることができるんです 皆さんの頭に 新しい変な考えを 紛れ込ませることもできますよ たとえば— 「図書館でワルツを 踊りながら 量子力学について 考えているクラゲ」とか
これまでの人生が 比較的順調だったなら そんなことを考えたことは たぶんなかったでしょう
でも 今 私が言葉を使って 皆さんに そう考えさせたのです
もちろん世界にある言語は 1つだけではなく 7千くらいの言語が 使われています それぞれの言語は 様々な面で異なっています 言語ごとに異なる音を持ち 異なる語彙を持ち そして重要なことに 異なる構造を持っています そこで疑問が生まれます 話す言語は 考え方に 影響するのか? これは古くからある疑問で 人々は このことを ずっと考えてきました 神聖ローマ皇帝 シャルルマーニュは 「第2の言語を持つのは 第2の魂を持つことである」と言いましたが これは言語が現実を作り出すという 強い主張です 一方で シェイクスピアは ジュリエットに言わせています 「名前が何だというの? バラは別の名前で呼ぼうと 変わらず いい香りがするでしょう」 これは名前によって現実は変わらないと 言っているように聞こえます
この議論は何千年も 続けられてきましたが 最近になるまで 決着を付けられるようなデータが ありませんでした でも 私のところを含め 世界の様々な研究室で 研究がなされるようになり この疑問に答えられる 科学的なデータが出てきました
私の好きな例を いくつかお話ししましょう まず 私が研究する機会のあった― オーストラリアの アボリジニの話から始めましょう これはクウク・サアヨッレ族の人々です ヨーク岬半島の西端の ポーンプラーウに住んでいます クウク・サアヨッレ語の 面白いところは 「左」や「右」という言い方はせず あらゆることを 東西南北の方角で 言い表すことです 文字通りに 「あらゆること」を表します 「あら 南西の脚にアリがいるわよ」 みたいな言い方をするんです あるいは「コップを少し 北北東にずらして」とか 挨拶にしても クウク・サアヨッレ語では 「どちらの方に行くの?」と言い それに対する答えは 「ちょっと北北東の方へ あなたは?」という具合です
考えてみてください 一日の中で 会う人 会う人に 向かう方角を 言わなきゃいけないんです
方角に鋭くなることでしょう どの方角に向かっているのか 分からないと 挨拶もできないんですから 実際このような言語を話す人たちは 方角をとても良く把握しています かつて人間に可能だと 思われていたよりも ずっとです 生物学的な理由により この面で人間は 他の動物より 劣ると思われていました 人間は嘴や鱗に 磁石がないからと でも 言語や文化が そうすることを求めるなら できるようになるんです 世界には方角を本当によく 把握している人々がいます
これが 私たちのあり方と いかに違うか分かるように ちょっと目を閉じて いただけますか では 南東を 指差してください
目は閉じたままで 指差して じゃあ 目を開けていいですよ 皆さん あっちを指したり こっちを指したりで どっちなのか 私も分かりませんが—
皆さん あんまり 助けになりませんでした
どうも この会場にいる人は 方角には疎いようです 言語によって認知力に 大きな違いが生じているということです 皆さんのようなグループでは どっちがどの方角なのか 分かりませんが 別のグループでは 5歳児に聞いても 正しい答えが返ってきます

© TED Conferences, LLC. All rights reserved.
原文を読む≫