英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“New study finds adult Americans reading less fiction but more poetry”

Americans are reading less fiction and more poetry. They’re also visiting museums more often, according to a new government study.
The National Endowment for the Arts published the study on Sept. 12. It showed that 41.8 percent of adult Americans read fiction in 2017. That number is down from 45.2 percent in 2012.
In the same time, poetry became more popular — though it’s still less popular than fiction. Last year, 11.7 percent of adults read poetry, up from 6.7 percent in 2012.
However, reading overall is down. The percentage of adults reading a book that wasn’t required by school or work fell to 52.7 percent in 2017, compared with 54.6 percent in 2012 and 56.6 percent in 2002.
The study also showed a reverse of yearslong declines in going to museums and performing arts events like jazz concerts, stage musicals or dance and ballet. However, attendance in most categories was still lower than in 2002.

Copyright © The Japan Times, Ltd.
原文を読む≫


===========================================================

日本語:“米国人の読書傾向はフィクションが減少、詩を読む人が増加”

アメリカ人は小説を読むことが減り、詩を読む人が増加している。政府による新しい調査結果によると、美術館を訪れることも多くなっているという。
全米芸術基金は9月12日にこの調査結果を発表した。この調査では、アメリカ人の成人の41.8%が2017年に小説を読んでいることが示された。この数値は2012年の45.2%から減少した。
同時に、詩が人気を高めていた―それでも小説よりは人気がない。昨年、成人の11.7%が詩を読み、2012年の6.7%から上昇した。
しかし、読書をする人全体は減少している。学校や仕事で要求されていない本を読む成人の割合は、2017年は52.7%に減り、これと比較して2012年は54.6%、2002年には56.6%だった。
この調査結果ではまた、美術館へ行ったり、ジャズコンサートやミュージカル、ダンスやバレーといった上演される芸術を観に行ったりする機会は、何年にもわたって減少傾向にあったが、逆転があったことも示された。しかしそれでも、ほとんどのカテゴリーで参加は2002年よりも少なかった。

Copyright © The Japan Times, Ltd.
原文を読む≫