英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“Death toll from Hokkaido quake rises to 41 as search operation ends”

The death toll from a powerful
Sept. 6 earthquake that jolted Hokkaido rose to 41 on Sept. 10 as the local government ended its search operations, with thousands of people still living in shelters.
The Hokkaido prefectural government and Hokkaido Electric Power Co. continue to urge local residents to limit the use of electricity as power supplies remain unstable after a massive power outage was triggered by the magnitude 6.7 earthquake.
A key thermal power plant is expected to be partially restarted around late September at the earliest.
The prefectural government said a man in his 50s was confirmed dead in Tomakomai, following the discovery of the body of a 77-yearold man who had been unaccounted for at a landslide site in the town of Atsuma. There are no more people reported missing.
Fatalities from the quake were concentrated in Atsuma, where massive landslides buried a number of homes. Across Hokkaido, about 2,700 people remained at evacuation shelters. 
Copyright © The Japan Times, Ltd. 
原文を読む≫


===========================================================

日本語:“北海道地震の死者41人、捜索終了”

9月6日に北海道を揺らした強い地震の死亡者数は9月10日に41人となり、依然として避難所で数千人が生活を続ける中、北海道庁は捜索活動を終了した。
北海道庁と北海道電力は、引き続き電気の使用を節約するよう地元住民に要請している。マグニチュード6.7のその地震が広い範囲での停電を引き起こした後、電力の供給が不安定になっているためだ。
主要な火力発電所が早ければ9月末に部分的に再稼働されると予想されている。
北海道庁は、苫小牧で50歳代の男性の死亡が確認されたと述べた。これは、安否が不明になっていた77歳の男性の遺体が厚真町の土砂崩れ現場で発見された後のことだ。安否不明と伝えられている人はいなくなった。
地震で亡くなった人は厚真に集中していて、そこでは巨大な土砂崩れが何軒もの家屋を埋めた。北海道内全体で、約2,700人が避難所にとどまっている。

Copyright © The Japan Times, Ltd. 
原文を読む≫