英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“Amazon will start selling real, large Christmas trees

Sorry Santa Claus, Jeff Bezos is your Father Christmas now. Amazon, in its ongoing quest to utterly dominate the holiday season, has announced plans to start shipping real, live Christmas trees, come November.
That news comes courtesy of The Associated Press, which notes that the seven-foot-tall Douglas firs and Norfolk Island pines will be sent via Amazon box, sans water. Shipping should occur within 10 days of being cut down, so as to keep them green. The firs will run around $115 a pop, along with $50 for a wreath.
This isn’t the first time the online giant has dabbled in trees. Amazon dipped its toes in the water by offering up Charlie Brown-style trees measuring less than three-feet last year. Third-party sellers also used the platform to sell their own larger trees.
The whole prospect likely isn’t very appealing for those who’ve made tree shopping a part of their holiday ritual. Nor are owners of pop-up Christmas tree lots likely super psyched about Amazon’s dabbling. But the offering is about what the company has always been about above all else: convenience.

© 2013-2018 Oath Tech Network. All rights reserved.
原文を読む≫


===========================================================

日本語:“Amazonが大きな本物の木のクリスマスツリーを売る”

サンタクロースさん、ごめんなさい。今年はJeff Bezosがあなたの仕事を取っちゃうよ。ホリデーシーズンを完全に支配したいという野望に燃えるAmazonは、本物の生きた木でできているクリスマスツリーを11月に発売する、と発表した。
このニュースを配信したThe Associated Press(AP通信)によると、高さ7フィート(213センチメートル)のベイマツまたはノーフォークマツが、Amazonのボックスに収められて配達される。水はないが、伐採後10日以内に発送されるので枯れたり色あせはない。お値段は115ドルで、装飾用のリースは50ドルだ。
この巨大eコマース企業がツリーに手を出すのは、これが初めてではない。最初は、スヌーピーの漫画に出てきそうな、高さ1メートル弱ぐらいのを去年売った。Amazonに出店している業者は、大きなツリーを売っている。
家族でツリーを買いに行くことがホリデーの儀式になってる人には、余計なサービスだろう。組み立て式のクリスマスツリーを毎年再利用している人も、Amazonのやり方は目ざわりだろう。でもAmazonは昔から、人びとの便利に貢献することなら何でもやる企業なのだ。

© 2018 Oath Japan KK Aol.JP
原文を読む≫