英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“New photos show ‘spinning top’ shape of asteroid Ryugu”

The Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA) has released yet another set of photographs of asteroid Ryugu taken by its Hayabusa 2 explorer from about 240 to 330 kilometers away from the object.

The images, taken from June 17 through June 18, show the asteroid in more detail than the ones taken about four to five days ago. It appears like a “spinning top,” JAXA said, with crater-like dimples on the surface.

According to Hayabusa 2 project scientist Seiichiro Watanabe, this form is seen in many small asteroids that are rotating at high speed, and resembles the shape of the asteroid Bennu, which is the target of a NASA exploration project using the OSIRIS-REx probe.

Ryugu is now estimated to be about 900 kilometers in diameter and rotates about every 7 1/2 hours.

The Hayabusa 2 explorer is expected to reach a point about 20 kilometers from Ryugu on June 27. It is scheduled to make three landings on the asteroid to collect samples starting in November, and return to Earth around the end of 2020.

Copyright THE MAINICHI NEWSPAPERS. All rights reserved.
原文を読む≫


===========================================================

日本語:“小惑星 「リュウグウ」最新画像 くぼ地はっきり”

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は19日、小惑星探査機「はやぶさ2」が目的地としている小惑星「リュウグウ」の最新画像を公開した。そろばんの玉のような外形や、表面のクレーターのようなくぼ地がはっきり見え、地球とは逆方向に自転していることも分かった。

 画像は日本時間17~18日、240~330キロ離れた地点から撮影した。直径は約900メートル、自転周期は約7時間半で、想定通りだった。一方、自転軸は公転面に対して垂直で、赤道付近がぐるりとふくらんでいることなどが新たに判明した。

 そろばんの玉のような形状は、高速で自転する小惑星によくみられる特徴で、米国の小惑星探査機「オシリス・レックス」が向かっている小惑星「ベンヌ」に似ているという。

 はやぶさ2は今月27日にリュウグウから高度20キロの地点に到着する見込み。着陸や小型着陸機の投下は今秋を予定している。

Copyright THE MAINICHI NEWSPAPERS. All rights reserved.
原文を読む≫