英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“The importance of coexisting with bears”

ASAHIKAWA, Hokkaido — A Hokkaido brown bear called Tonko mischievously knocks on her display window at her enclosure to the surprise of visitors at Asahikawa city Asahiyama Zoo in this northern prefecture.

Despite her popularity, I think only a few people may know the background about how the bear presumed to be 19 years old was sent to our facility.

On April 30, 1999, two Hokkaido brown bears, Tonko and her mother, appeared around the town of Nakatonbetsu. After hunters were forced to shoot dead her protective mother, they took measures to protect Tonko. Anybody connected to zoos knows that almost all bears at our facility have been taken into our care in similar ways or their descendants. However, there are many visitors who feel shocked when we tell them the truth.

It might be inevitable to control bear numbers, but I think it’s possible to reduce the risks of being attacked by bears by disposing of trash in appropriate ways to keep bears away from towns.

I feel the significance of displaying Tonko at our zoo for these 19 years, rather than killing her as a cub, maybe to encourage people to think about coexisting with bears, rather than just highlighting their charms.

Copyright THE MAINICHI NEWSPAPERS. All rights reserved.
原文を読む≫


===========================================================

日本語:“旭川市旭山動物園 エゾヒグマ「とんこ」の過去”

「もうじゅう館」にいるエゾヒグマ、とんこ(メス・推定19歳)は、窓をたたいて来園者を驚かせる、いたずら好きの人気者です。でも、どうして動物園で暮らしているのか、知る方は少ないかもしれません。

 19年前の4月30日、野生のエゾヒグマの母子が北海道中頓別町の街中に現れました。子連れのクマは攻撃性が増し、危険です。やむなく母グマは射殺され、子グマだけが動物園で保護されました。その子がとんこです。

 動物園やクマ牧場にいるクマのほとんどは、こうした経緯で保護されたクマや、その子孫です。動物園関係者ならだれもが知る事実ですが、来園者に伝えるとショックを受ける方も多くいます。

 ヒグマの駆除は、やむを得ない場合もあります。でも、私たちがごみの捨て方を工夫し、人里に来ない対策をとることで、事故を減らすことはできるのではないでしょうか。

 ヒグマの魅力を伝えるだけでなく、みなさんが共存について考えるきっかけになれたら……。それが、子グマを殺さずに動物園で19年間展示してきた意味なのかもしれないと、ぼくは考えています。

Copyright THE MAINICHI NEWSPAPERS. All rights reserved.
原文を読む≫