英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“Japan’s threatened ocean ecosystems absorb 1.7 million tons of CO2 annually: research”

Japan’s ocean ecosystems, including seaweed beds and coastal mangrove forests, absorb some 1.73 million metric tons of CO2 per year, according to new calculations finalized on March 5 by a research group composed of experts at universities and national research institutes.

The findings “are important for anti-global warming measures,” the group stated.

The researchers combed through existing scientific papers from both inside and outside Japan to determine the total area covered by Japan’s mangrove forests, seaweed beds, tidal flats and other ocean ecosystems, and then calculated how much CO2 they absorb. The group found that these systems covered 290,000 hectares of seabed as of 2013, and took up an estimated 1.73 million tons of CO2 annually.

However, Japan’s seaweed forests are shrinking quickly due to worsening water quality and lan

d reclamation.

“I would like to see these calculations spur seaweed bed preservation and restoration efforts,” commented research group head and University of Tokyo professor Jun Sasaki.

Copyright THE MAINICHI NEWSPAPERS. All rights reserved.
原文を読む≫


===========================================================

日本語:“CO2削減 日本の海が貢献 干潟、藻場など 年間173万トン吸収”

 沿岸の藻場やマングローブ林など日本の海の生態系が、年間173万トンもの二酸化炭素(CO2)を吸収しているとの初の試算を、大学や国の研究機関の専門家で作る研究会が5日まとめた。海の生き物を育む「ゆりかご」として知られる藻場などが、温室効果ガスであ
るCO2を大量に取り込んでいることから、研究会は「地球温暖化対策の上でも重要」と指摘している。

 研究会は国内外の既存の研究論文を元に、国内の藻場やマングローブ林、干潟の面積とそれぞれのCO2吸収量を計算した。その結果、2013年時点で総面積は29万ヘクタールあり、年間計173万トンを吸収していると試算した。

Copyright THE MAINICHI NEWSPAPERS. All rights reserved.
原文を読む≫