英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“Turkish Airlines Crew Helps Deliver Baby Girl At 42,000 Feet”

A Turkish Airlines flight touched down with an unexpected passenger, and its crew couldn’t have been more thrilled.

The plane’s crew helped deliver a baby girl about halfway into their flight from Guinea to Burkina Faso, the airline announced on Friday. The two West African countries are about 300 miles apart.

The mom was reportedly 28 weeks into her pregnancy when the Boeing 737’s crew noticed that she was in the pains of labor. The jetliner was cruising at an altitude of roughly 42,000 feet at the time, the BBC reported.

“They promptly responded to assist her childbirth during the flight,” the airline said in a statement.

Photos posted on social media by the airline on Friday captured the precious cargo being swaddled in a blanket while held by various members of the crew ― many of their faces unable to contain their shared joy.

Another photo appeared to capture the mom lying across three seats while cradling her baby among the crew’s staff, which included a pilot.

Once the plane landed, mom and baby were taken to a hospital in Ouagadougou, Burkina Faso’s capital. Both were said to be in good health, NBC News reported.

It’s not clear whether there was a doctor on board to assist with the delivery, or whether the crew was trained for such surprise events. A request for comment from the airline on Sunday was not immediately returned.

According to the Turkish Airlines website, expectant moms that are less than 28 weeks along are free to travel without pause. Those between 28 weeks and 35 weeks are required to obtain a doctor’s note that declares them fit to travel.

If you’re wondering whether this traveling newborn will get free flights for life, it’s been known to happen. Snopes, however, has reported that nothing is guaranteed.

Copyright © 2017 TheHuffingtonPost.com, Inc.
原文を読む≫


===========================================================

日本語:“上空1万2800メートルで、突然の陣痛。乗務員が出産を助けた”

アフリカのギニアからブルキナファソに向かっていた飛行機の中で、妊娠中の乗客が突然陣痛を訴えた。

飛行機は上空約1万2800メートルを飛行中で、すぐには着陸できない。急を要する事態で出産を助けたのは、客室乗務員だったとBBCが報じた。

陣痛が始まったのは、ターキッシュエアラインズ(トルコ航空)の飛行機に乗っていた妊娠28週のお母さん。「出産を助けるために、スタッフがすぐに対応しました」と同航空会社はBBCに伝えている。

無事に赤ちゃんが産まれた後、毛布にくるまれた赤ちゃんと、満面の笑顔で赤ちゃんを抱く客室乗務員たちの様子が、同航空会社のSNSに投稿された。

クルーに囲まれたお母さんが横になって、生まれたばかりの赤ちゃんを抱いている写真もある。

目的地のブルキナファソに到着すると、赤ちゃんとお母さんは首都ワガドゥグーにある病院に運ばれた。母子ともに健康と、NBCが伝えている。

医師が同乗していたのか、もしくは客室乗務員は普段から機内での出産に備えて特別なトレーニングを受けているのか、ハフィントンポストUS版がターキッシュエアラインズに問い合わせているが、まだ返事はない。

ターキッシュエアラインズのウェブサイトには、妊娠28週までの妊婦は医者の同意書がなくても同社の飛行機に搭乗できる、と書かれている(28〜35週の場合、医師の同意書が必要)。

Copyright ©2017 The Huffington Post Japan, Ltd. All Rights Reserved.

原文を読む≫