英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“So, THAT’s What That White Powder On Chocolate Is”

Ahh, chocolate ― that beloved, delectable treat we repeatedly remind ourselves is good for us. There’s so much to love about it: the way it melts into brownies, how it bakes into the best cakes around, or even its ability to beat a grilled cheese in the sandwich game.

But sometimes, on the saddest of days, when we unwrap our chocolate bar, we find to our horror that it’s been taken over by a white, unappetizing coating. And instead of looking like something we can’t wait to bite into, we see this:

That white powder or film is likely fat bloom or sugar bloom. And we can all agree that it does not look pretty. But these ominous sounding blooms have not destroyed the chocolate. Sugar and fat blooms are totally safe chemical changes that happen in chocolate for a number of reasons.

Sugar bloom occurs when chocolate is exposed to excess moisture. Sugar soaks up moisture. So if chocolate is stored in warm or moist conditions, the sugar will get wet and dry on the surface of the chocolate as fine crystals. As it dries, it covers the chocolate with a dry, spotted, white powder coat. Luckily, sugar bloom can be prevented by simply keeping chocolate away from moisture and storing it in a cool, dry spot.

Fat bloom happens when the fat in the chocolate moves to the surface. It sometimes occurs because of storage ― temperature fluctuations can cause the fat to migrate to the surface ― but it is usually a result of mistakes made during the chocolate tempering process. To temper correctly, the temperature of melted chocolate has to be steadily raised and lowered to create uniform cocoa butter crystals. If this is done incorrectly, cocoa butter crystals will form in different sizes.

Other culprits of fat bloom include filling chocolate with a cold filling, or making the chocolate with a cheaper fat than cocoa butter (sometimes done in lesser quality chocolates).

So, if you want to avoid bloom all together, go for quality chocolate and store it well.

If you’re not thrilled about eating chocolate that has already bloomed, consider it turning into fondue ― once melted, it all looks the same. Plus, you get to dip strawberries and cake pieces into it.

Copyright © 2017 TheHuffingtonPost.com, Inc.
原文を読む≫
===========================================================

日本語:“ああ、チョコレート。なぜあなたに白い粉がついてしまうの?”

ああ、チョコレート——その繰り返し思い起こされる、最上の美味となるご褒美は我々にとって素晴らしい存在だ。チョコレートを愛する理由は数え切れない。溶かしてブラウニーにしたり、ご近所で最高のチョコケーキを焼き上げたり、サンドウィッチ対決でチーズサンドよりもチョコサンドが人気になることもある。

しかし時々、最悪に悲しい日もある。チョコレートバーの包みを剥がしたら、食欲がゲンナリしそうな白いもので覆われているのに気づくくことがある。噛みつくのを待ちきれないあのチョコレートではなく、こういうものを目にするのだ。

いや、これは月のクローズアップ写真ではない。これはシュガー・ブルームが起きたあとのチョコレートの見た目なのだ。

こういった白い粉や膜は、ファット・ブルームやシュガー・ブルームである可能性が高い。誰も美味しそうな見た目だとは思わないだろう。しかし、その不気味な言葉の響きであるブルームによって、チョコレートが駄目になってしまったわけではない。シュガー・ブルームとファット・ブルームは、多くの理由によってチョコレート内で起こる、まったくもって安全な化学変化なのだ。

シュガー・ブルームは、チョコレートが過剰な湿気にさらされたときに発生する。砂糖は湿気を吸収する。そのため、チョコレートが暖かい、もしくは湿気の多い環境に保管されていると、砂糖は湿気を含み、そしてチョコレートの表面で乾いて微結晶のようになる。乾くにつれ、乾燥した白い粉でチョコレートをまだら状に包むようになる。幸い、シュガー・ブルームを避けるには、チョコレートを湿気から遠ざけ、冷えて乾燥した場所に保管するだけでよい。

これは、アスキノジーチョコレートの大きなチョコレート容器でファット・ブルームが起きたときの見た目だ。

ファット・ブルームは、チョコレートの中の脂肪分が表面に移動したときに起こる。これは保管方法が原因でときどき発生する。温度の変動が脂肪分を表面に移動させることがあるのだ。しかし通常は、チョコレートのテンパリング(チョコレートを溶かして再度固めるときにする温度調整)処理時のミスの結果として起きる。テンパリングを正しく行うには、溶けたチョコレートの温度を、均一にココアバター結晶ができるように確実に上下させなければならない。これを正しく行わないと、ココアバター結晶がばらばらの大きさで作られてしまう。

ファット・ブルームのその他の原因には、冷たい詰め物でチョコレートを満たしたり、ココアバターよりも安い脂肪分でチョコレートを作ったり (低品質のチョコレートはたいていそう作られている) した場合などがある。

そのため、すべてをひっくるめてブルームを回避したかったら、良い品質のチョコレートを選んで、きちんと保管することだ。

もし、すでにブルームが起きてしまったチョコレートを食べる気がしなければ、フォンデュにしてみてはどうだろうか——溶かしてしまえば見た目は変わらなくなる。そのうえ、イチゴやケーキを浸して食べることができる。

Copyright ©2017 The Huffington Post Japan, Ltd. All Rights Reserved.

原文を読む≫