英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“Po 3D prints personalized prosthetic hands for the needy in South America”

The world of prosthetics is advancing in two directions: on one hand, if you will, the latest in soft robotics and shrinking sensors enables limbs and digits with ever-increasing levels of sensation and realism. On the other, rapid manufacturing techniques are making it possible to bring sophisticated designs to the underprivileged and geographically isolated. Po is a company in Paraguay pursuing the latter goal, making customized prostheses for people who might otherwise have never gotten anything at all.

Paraguay, as described to TechCrunch by Po co-founder Eric Dijkhuis, is “a country full of amazing people but also a lot of challenges. There is a high number of amputations per day, upper limbs being a high percentage of them, due to a lack of work safety regulations combined with vulnerable working areas, and a lot of motorcycle accidents.”

Widespread low income also means very few people can afford the kind of prosthesis they need — less than 3 percent, Dijkhuis said. Why should that be, Po’s founders thought, in an age when you can print objects into existence and get advanced control systems off the shelf?

So they got to work designing a durable, printable prosthetic hand and lower arm that can be tweaked and customized in terms of size, color and other basic parameters. There are over 100 Po hands out there being used right now that are controlled mechanically, but the team had a eureka moment when they met with Thalmic Labs about that company’s Myo device.

You may remember Myo: It fits around your arm, monitoring your muscles for bioelectric signals that coincide with various motions and passing that data on wirelessly to other devices. So making a fist or tilting your hand up could, for example, minimize the window on your laptop, or switch applications — or, in the case of a prosthesis, simply mirror that action with the artificial limb.

Now Po has five people testing MyPo, a combination of the original mechanical arm and a Myo control mechanism.

“At a fraction of the cost, MyPo mirrors the traditional functionality of a prosthetic hand,” said Dijkhuis, “including several grips, degrees of freedom, and it can even integrate applications that already exist with the Myo armband.” So in addition to picking up and manipulating objects, gestures can be built into interact with social media, music apps and so on.

This last is a capability being investigated by others, as well: German designers recently created a Myo-powered accessory that fits onto existing prostheses and allows for this kind of interaction.

An advantage of using the Myo as a limb control mechanism is that it can tie the motion of the hand directly to the gestures and muscular activity already learned for that motion. So although the user may not have fingers to make a fist, their motor memory of the way they did it remains, and the Myo can detect it and respond.

“They think, they remember, they do, and the Myo armband guides the whole process amazingly,” said Dijkhuis.

Po isn’t the first or only 3D-printed prosthesis, of course — many have been made already. But it’s not enough to simply make a design. There’s the matter of fitting, configuration and the cost of the components.

“We we help the user pay a figurative amount that they can afford by subsidizing the rest through private donations,” Dijkhuis explained. “We also work with independent professionals, NGO’s, allied businesses and public organizations that support our work. Our model is currently being replicated in North Argentina and South Brazil by Po partners, but our entire workflow is going to be open so anyone can start their own chapter with standardized, ready to go procedures.”

Meanwhile, the whole thing is up on Thingiverse, where you can download it, tweak it, make suggestions or perhaps try one out for yourself.

This isn’t a particularly high-profile application of technology, since the users aren’t tech-savvy urbanites and the companies and services don’t command billion-dollar valuations. But getting a prosthetic hand to a child too poor to afford one is a goal worth shouting about.

“Creating and developing Po, we have seen the power of leveraging new technologies, like 3D printing, the Myo armband, and the power of open source,” said Dijkhuis. “We believe that these technologies applied to social impact are not only disrupting an industry, but are rewriting the rules of the game for the future of prosthetics, and handing the power of innovation to people all around the world.”

Copyright © The Asahi Shimbun Company.
原文を読む≫


===========================================================

日本語:“パラグアイのPoは3Dプリントされたカスタマイズ義肢を南米の貧しい人びと向けに開発”

人工装具(義肢など)の世界は2つの方向に進んでいる:1つの方向では、もし望むなら、最新のロボットソフトウェアと小さくなったセンサーが、たゆまず改善され続けている感覚とリアリズムを備えた、手足と指を可能にしてくれる。もう1つは、高速製造技術が、貧しく地理的に孤立した地域に洗練されたデザインをもたらすことを可能にする方向である。パラグアイの会社であるPoは、後者のゴールを目指している。もし彼らのものがなければ何も手に入れることができないような人たちのために、カスタマイズされた義肢を製作するのだ。

パラグアイについては、TechCrunchの共同創業者Eric Dijkhuisが以下のように述べている「驚くべき人びとに溢れ、沢山の課題も抱えた国です。1日当たりの切断術が多い国で、上腕の切断が高い割合を占めています。これは職場の安全規制の欠如と危険な作業エリア、そして多数のオートバイ事故に起因しているのです」。

低所得者が多いため、極めて少数の人たちだけが必要な義肢を購入することができる — Dijkhuisによれば3パーセント以下だ。Poの創業者は、そこに強い問題意識を感じた。オブジェクトをプリントして製造し、高度な既成の制御システムを入手できる時代に、なぜそのままでなければならないのか?

そこで、彼らは耐久性が高くプリント可能な手と前腕をデザインすることにした。形の調整や、サイズ、色、その他の基本パラメータをカスタマイズできる。現在は機械的に制御されるPoの腕が100以上使われているが、彼らはThalmic LabsのMyoデバイスに出会うことで、新たな発見を行った。

Myoについて覚えている人もいるだろう:それは腕に巻き付けて、様々な動きで生じる腕の筋肉の生体電気信号をモニターし、データを他のデバイスに無銭で送信するものだ。なので、例えば握り拳を作ったり、手を上に傾けたりすることで、ノートPCのウィンドウを閉じたり、アプリケーションを切り替えたりすることができる — そして義肢の場合なら、単純に動きを義肢にミラーリングすることが可能だ。

現在Poは5人を対象にMyPoのテストを行っている。MyPoはオリジナルのメカニカルアームとMyoによる制御メカニズムを組み合わせたものだ。

「わずかなコストでMyPoは義肢の旧来の機能を反映します」とDijkhuis。「何種類もの掴み方、高い自由度、そして既にMyoアームバンドに対応しているアプリケーションと統合することさえ可能です」。そのため、オブジェクトを摘み上げたり動かしたりといった動作に加えて、ジェスチャーを、ソーシャルメディアや音楽アプリ、その他のものと対話するようにすることができる。

この最後の機能は、他者によっても検討されている最中だ:既存の義肢にぴったり装着することができて上記のような対話機能を実現するMyo対応のアクセサリーを、ドイツのデザイナーが最近作成した。

四肢制御機構としてMyoを使用する利点は、予め学習させたジェスチャーと筋肉の動きを、直接腕の動きをに結びつけることができることだ。よって、ユーザーが拳をつくるための指を欠いていたとしても、かつてそうしていた頃の動きの記憶が残されていれば、Myoはそれを検知し反応することができる。

「考え、思い出し、行動。そしてMyoのアームバンドが、全てのプロセスを素晴らしくガイドしてくれるのです」とDijkhuisは言う。

もちろんPoは、3Dプリントの義肢としは、最初でも唯一のものでもない — 既に多くの者がそれを行っている。とはいえ、単にデザインをするだけでは十分ではない。フィッティング、構成、そして部品のコストの問題がある。

「私たちは、ユーザーが負担可能な金額を支払い、残りを民間の寄付を通じた助成で賄えるような手助けをしています」とDijkhuisは説明した。「私たちはまた、私たちの仕事をサポートしてくれる、独立専門家、NGO、同盟企業や公的機関と協力しています。私たちのビジネスモデルは、現在Poパートナーによって、北アルゼンチンとブラジル南部で展開されていますが、誰でも標準的ですぐに使える手続きで自身の活動を始められるように、私たちのワークフロー全体がこれからオープンなものになります」。

一方、全てのデータはThingiverseにアップされている(Thingiverseは3Dモデルを投稿し共有するサイト)ので、あなたはそこからデータをダウンロードし、調整し、提案を行ったり、あるいは自分自身で試してみることもできる。

想定利用者は技術に精通した都会人ではなく、企業もサービスも数十億ドルの評価額を求めるものではないので、これは技術的には特に注目すべきアプリケーションではない。しかし、貧しすぎて買う余裕のない子供に義肢を与えるというゴールは、大声で宣伝される価値がある。

「Poの作成と開発で、私たちは新しいテクノロジーの力を目の当たりにしました。3Dプリント、Myoアームバンド、そしてオープンソースです」とDijkhuisは語った。「私たちは、社会的影響へと適用されるこれらの技術が、業界を変革するだけでなく、人工装具の未来のためのゲームルールを書き換えて、イノベーションパワーを世界中の人に届けてくれるものと信じています」。

© 2016 Copyright AOL Online Japan, Ltd. All rights Reserved.

原文を読む≫