英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“Simone Biles Proudly Opens Up About Having ADHD”

Roughly one month after she took the Rio Olympics by storm on her way to four gold medals, gymnast Simone Biles has disclosed that she has ADHD and has taken medication for it since she was a child.

The U.S. gymnast made the announcement Tuesday after the World Anti-Doping Association (WADA) disclosed that Russian hackers had publicly released the confidential records of some U.S. Olympic athletes, including Biles’. Biles’ leaked data showed that she had tested positive for methylphenidate, also often known as Ritalin.

Methylphenidate is a banned WADA substance. But U.S.A. Gymnastics wrote in a statement that Biles had received an exemption since she takes it because of her medical condition.

“Simone has filed the proper paperwork per USADA and WADA requirements, and there is no violation,” Steve Penny, president of USA Gymnastics, said in a statement. “The International Gymnastics Federation, the United States Olympic Committee and USADA have confirmed this. Simone and everyone at USA Gymnastics believe in the importance of a level playing field for all athletes.”

While no one should be forced to discuss their medical history as a result of anonymous hackers, Biles made clear on Tuesday that she is not embarrassed to open up about her ADHD.

Having ADHD, and taking medicine for it is nothing to be ashamed of nothing that I’m afraid to let people know.

Copyright © 2016 TheHuffingtonPost.com, Inc.
原文を読む≫


===========================================================

日本語:“「私はADHD。だけど、隠さない」体操女子金メダリスト、ドーピング疑惑に毅然と告白”

リオ・オリンピックで、4つの金メダルに輝いたアメリカの女子体操選手シモーネ・バイルズが、Twitterで自身が発達障害の一種ADHD(注意欠陥/多動性障害)であることを明らかにした。

「私は子供の時からADHDで、薬を飲んでいます。スポーツは公平であるべきです。だから私はこれまでルールに従ってきましたし、これからも従い続けます。フェアプレーは、スポーツにとっても私にとっても大切なものだから」

このツイートをした前日の9月13日、世界アンチ・ドーピング機関(WADA)は、「ロシアのハッカーによってアメリカ選手の非公開情報が流出した」と発表した。その中には、バイルズがメチルフェニデートを服用しているという情報も含まれていた。

メチルフェニデートはADHDなどの治療に使われる薬だが、WADAは使用を禁止している。しかし、バイルズは正式な手続きを経て、メチルフェニデートを服用していた。アメリカ体操協会は、次のような声明を出している。

「シモーネは、 USADA (アメリカアンチ・ドーピング機関)やWADAが求める書類を提出しており、規則に反していません。国際体操連盟、アメリカオリンピック委員会、USADAも服用を認めています。シモーネやアメリカ体操協会のメンバー全員は、フェアプレーに重きを置いています」

普通は、薬の服用履歴や病歴などのプライベートな情報は、公にされるべきではない。しかしバイルズは、ADHDを「恥じるべきこと・隠すべきこと」とは考えていない。彼女は次のようにツイートしている。

「ADHDであること、そして薬を飲んでいることは、恥じることではありません。隠す必要もありません」

Copyright ©2016 The Huffington Post Japan, Ltd.

原文を読む≫