英文解読練習として英語のニュースから日本語に翻訳された記事をよく読んでいますか?このコーナーではそんな世界の面白いニュースとその日本語訳をピックアップしてご紹介します。リーディングや外国人に話しかける時にも、緊張をほぐして、会話のきっかけとしていかがですか?

英語:“New NASA plane could eliminate gas-guzzling airliners”

At NASA, an experiment is underway that could upend the aviation industry:

A fully electric plane.

As electric cars roll out across the world — nixing the need to pay soaring fuel prices – NASA is looking to the skies, unveiling the X-57, or “Maxwell”.

NASA says Maxwell could be on the runway within four years.

NASA says Maxwell could be on the runway within four years.

Maxwell, a single-seater plane that bears a striking resemblance to a Cessna, uses electric propulsion rather than burning fuel. The craft would have 14 electric motors in total, dotted on the wings.

The project is part of NASA’s $790 million “New Aviation Horizons” initiative: an ambitious 10-year program to see the replacement of the roaring, gas-guzzling commercial jetliners we use today, with a quieter, greener alternative.

At a conference in Washington on Friday, Charles F. Bolden Jr, the NASA administrator, said, “the X-57 will take the first giant step in opening a new era of aviation.”

NASA says Maxwell could be on the runway within four years, quickly followed by a series of five larger electric planes, capable of holding more passengers and cargo.

While Maxwell is still a prototype, earlier this year, NASA researchers achieved success on a much smaller scale, successfully testing a small electric-powered plane called the Greased Lightning GL-10.

Of course, Maxwell wouldn’t be the first plane to operate without a drop of fuel.

In April, the Solar Impulse touched down in California after a two-and-a-half day flight across the Pacific. That plane was operated by solar power.

But speed was not its strong suit, reaching just 30 to 40 mph.

Maxwell, on the other hand, is predicted to reach speeds of 175 mph.

© 2016 Cable News Network. Turner Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved
原文を読む≫

日本語:”米NASA、電動飛行機を開発へ 化石燃料不要に?”

米航空宇宙局(NASA)は19日までに、航空燃料に依存しない次世代の電動飛行機「X―57」の開発に着手する方針を明らかにした。今後4年内の初飛行を計画している。

「マクスウェル」の愛称を持つ同機は単座式で、NASAの予想図によると米セスナ社の軽飛行機に外観が似ている。動力源は左右の主翼に取り付けた計14個の電動モーターで、翼先端部分に据え付けられたプロペラを回して飛行する。

X―57は、NASAが今後10年をめどに開発を目指す低騒音で環境に優しい次世代機の一環。この計画につぎ込む資金は7億9000万ドル(約822億円)。X―57開発計画が成功した場合、応用技術は民間の航空業界で生かされる可能性もある。

NASAのチャールズ・ボールデン長官は17日、ワシントンでの会合でX―57は新しい航空時代を切り開く大きな第一歩になるとの意義を強調した。

X―57の開発後は、より大型で乗客や貨物が搭載可能な電動飛行機5機の製造に挑戦する計画。NASAの担当チームは今年、X―57より小さい電動飛行機の遠隔操作式の飛行実験に成功している。

化石燃料に頼らない飛行機の話題では、太陽電池を動力源にした「ソーラー・インパルス」が今年4月、太平洋上空を2日半かけて飛び、米カリフォルニア州内に無事着陸していた。同機の飛行速度は時速30~40マイル(時速約48~約64キロ)だった。

一方、X―57の場合は時速175マイル(時速約282キロ)に達すると予想されている。

(c) 2016 Cable News Network. Turner Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

原文を読む≫